-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-06-02 22:00 | カテゴリ:2013 九州編
【ハンバーガー旅行】 九州編 第1話

九州旅行前半 (172)

移動:福岡県北九州市→大分県中津市→福岡県日田市

いよいよ九州編の本編スタートであります。
旅というものはいつも思い返すとあっという間です。
真夜中の小倉駅、早朝の新門司港、大分の山々、そしてハンバーガー。
本当にそこに自分がいたのがまるで嘘のようです。
嘘じゃないよね?もちろん嘘じゃないですよ!
■旅のBGM
Iron Maiden - Caught Somewhere In Time

最近のメイデンではあまり演奏していない?『Somewhere In Time』に収められた1曲目。
イントロからザクザク進む疾走感、伸びやかなブルースの声、激しい曲展開、スリリングなギターソロ、メタルのかっこよさがギュっと詰め込まれた名曲です。
のんびりした旅の始まりから、バイクで走った福岡~大分の道のり、どんどん楽しくなっていく気持ちに似合うかなと。

■九州旅行スタート!
2013年4月26日:福岡県北九州市
九州旅行前半 (60)

おはようございます!
何故か今、自分は北九州は小倉駅前におります!
昨晩まで、ひたすら人生とは?なんて思い悩む30代リーマンを演じていた自分、やっぱりココまで来たからには最大限楽しまなきゃ!
そんな思いで新たにこの地から九州大ロングツーリングをスタートさせます。

九州旅行前半 (62)

駅前から始発のバスを待つのですが、これが待てど暮らせど中々来ない。
うーん、世間的には今は平日の金曜日なのに、バスが遅れているようです。

ずっと待って20分ぐらい、やっと始発バスが付いて乗り込みました。
バス内は学校へ向かう中学生ばかりで、かなりのアウェイ感。おっさんひとりやん。。。
そんな賑やかでたくさんの中学生達も途中下車して、新門司港まで結構静かになりました。

九州旅行前半 (67)

ついたところはなにもない。
予めグーグルマップで確認はしていましたが、やっぱり港なだけあって、一般の人たちは立ち入らないような環境のようでバス停から結構歩かされました。

九州旅行前半 (69)

時間はまだ7時代。
朝早くテクテクと歩いて体全体を目覚めさすには十分すぎる距離でした。
うーん、いや本当遠い。なんかすごいスロースタート。

九州旅行前半 (72)

こんな花の咲く道を通ると、東京から遥々フライトしてきたんだなーって思うのですが。

九州旅行前半 (74)

場所が違ったなんて!!!
フェリー会社が2社あるみたいで、間違った場所へたどり着いてしまいました・。・
えー、なんでよーと涙目になる私。
ググってみると、本来のフェリー港まで歩いて15分。結構あるのね。
歩くよ、歩けばいいんでしょ!
っていうか、歩くしか選択肢ないしね!

九州旅行前半 (75)

くー、ひたすらこの先の先まで歩きます。

■新門司港フェリー
2013年4月26日:福岡県北九州市
九州旅行前半 (76)

見えた!あれが新門司港フェリーだっ!m9( ̄ー ̄
しかし、見えたは見えたで、そこまで大きく迂回し歩いていかないといけなくて、その距離にまた凹みそうになる。
バイクに乗りっぱなしで歩かないだろうから、歩き溜めしよう!となんとかポジティブに。

九州旅行前半 (80)

やっとの思いでついたオフィス。
単に歩くだけなら気分よいけど、リュックサックにヘルメットを持って何十分も移動するのはしんどかったです。
でも、ここでバイクを拾えば問題なし!さて、中に入りましょうか。

九州旅行前半 (81)

新門司港についてみると、なんだか建物内はまったりとした雰囲気。
お客さんもいないし、事務員さんもいない。
お掃除中のお兄さんを捕まえてバイクを受け取りに来たことを伝えると、事務員の女性に変わって手続きをしてくれました。
事務の女性たちはデスクワーク&おしゃべりで私が来たことに気づかなかったようで。。。
ゆるい。

九州旅行前半 (84)

バイクと無事対面。おぉ~無事でなにより。
バイクだけで旅をさせるのって、やっぱり怖いんですよね。
一度、岡山旅行でトラウマがありますので・・・。

九州旅行前半 (86)

それにしても良い天気です。
これからのGW旅行が楽しみです、そうここから本格的な九州大ロングツーリングが始まるんだ~!!
港から出発するトラックと軽いデッドヒートを繰り広げながら、まずは福岡県から大分県へと向かいます。

九州旅行前半 (88)

■一念岩をも通す
2013年4月26日:大分県中津市
九州旅行前半 (90)

やっぱりまだ平日ということで、道のりはとっても快適。
向かったのは「青の洞門」という場所。

九州旅行前半 (95)

ここのトンネル、大昔にひとりの男性が穴を開けたのがきっかけらしいですよ。
そんな、ここにあえて穴を掘る前に、対岸に渡った方が早いじゃん。。。
なんてことも思わなくもないけれど、こうやってその功績を享受しているんだから感謝すべきですね。

九州旅行前半 (97)

この人です!
掘ってる掘ってる!禅海和尚という方だそうです。
人の信念が岩をも通す、そんな格言ありましたよね。

九州旅行前半 (100)

もちろん彼一人で掘ったわけではなくて、いろんな人が手伝ったそうです。
元々、ここで命を落とす通行人が多かったらしく一念発起したみたいです。

九州旅行前半 (98)

確かにこの下の川に流れたら、荷物を持った通行人は運悪く命落とすなぁ~、納得。

九州旅行前半 (102)

新門司港からこの青の洞門まで走ってきて、この景色を眺めてすっかり観光気分。
天気も良くて、暖かくて気持ち良くて、とても気持ちいい。

九州旅行前半 (110)

そうそう、大分県のご当地グルメで「中津の唐揚げ」が最近とっても有名らしいです。
ということで、やってきたのは青の洞門を潜った先に出てくる「むら上」さん。
市内のから揚げマップを見ていて、この店はきっと美味しいに違いないと確信めいたものを感じてやってきました。
このお店の姿、うーん期待がアップします。

九州旅行前半 (112)

唐揚げ大きい!

九州旅行前半 (113)

そしてめっちゃくちゃうまいやん!!!
なんだこれ、こんなに美味しい唐揚げ初めてかも~!!
ということで、今回最初の感動を味わいつつ、旅を続けます。

■新緑の絨毯
2013年4月26日:大分県中津市
九州旅行前半 (119)

そしてやってきたのは青の洞門からも近い、こちらの「羅漢寺」という場所。
別にお寺巡りするつもりは毛頭なかったのですが、せっかく近くに来たので寄ってみました。

九州旅行前半 (123)

これが新緑に覆われた山でして、とってもキレイでした!
黄緑色に覆われた斜面をロープウェーで登っていきます。
ロープウェーを使わないと道がないんですって。
そんな山にある寺って。。。

九州旅行前半 (128)

ここは羅漢寺までの中腹にある供養場所で水子供養なところでした。
この中に入るとしゃもじを売っている住職っぽい人がいてちょっとびっくり。
脅かさないで~。

九州旅行前半 (134)

さらにこの上に階段を登っていくと、羅漢寺が出てきます。
こんな山の上にお寺を立てるなんて、信仰深い人じゃないと無理ですわ。
旅の安全を祈願して、さらに山頂へと向かいます。

九州旅行前半 (149)

山頂へはさらにロープウェーを使うのですが、どうも家族経営のようで麓にいたのが娘さんで、中腹を担当しているのがご両親のようでした。
山頂に向かいます~と言うと、慌てて親父さんが先にロープウェーに乗って、奥さんに促されて後から乗り込みました。
なんだかアットホームだねぇ。

九州旅行前半 (139)

山頂からは大分の山々を見渡す見晴台が立っていました。

九州旅行前半 (146)

こうやって山深い感じが大分っぽい。
ん~、休みを満喫。

九州旅行前半 (153)

急なロープウェーを下ってバイクで出発しようとしたら隣にこんなタクシー。
ゆるいぜ、大分。
それにしても唐揚げ、あれは記憶に残る美味しさでした。
いつか九州物産展が東京であったら、ぜひ今一度食べてみたいものです。

■耶馬渓谷
2013年4月26日:大分県中津市
九州旅行前半 (154)

ちなみに本当はこれを見るつもりだった、と慌てて写真を撮った耶馬渓谷。
写真の上の方に穴が空いているのがわかるでしょうか?

九州旅行前半 (155)

ん~観光はこの辺にして、そろそろハンバーガー食べたいなと思って、最初の目的地へと急ぎます。

■最初のバーガー
2013年4月26日:福岡県日田市
九州旅行前半 (160)

やってきましたよ、ここはまたもや福岡県、日田市。
ここにハンバーガーのローカルチェーン店があるそうです。
道に迷いながらたどり着いたのは、結構立派なロードサイド店。
お店の名前は「OJ」と言います。

九州旅行前半 (163)

お店の外観は大きくて、とても広そうな店内。
そして駐車場も大きくて近隣の人が利用しやすそうです。

九州旅行前半 (164)

メニューがとってもおおいですね!
うーん、どれにしょうか楽しみですね。

九州旅行前半 (166)

店内に入ってみますと、ファストフードなお店であります。
カウンターで注文をしますが、この雰囲気だけでもうご馳走です♪
なんだろうね、バーガーをカウンターに立つ女の子に注文する一連のやり取りだけで嬉しくてしょうがない。
バカだね~自分、食べてないのにもう楽しくって仕方ない。

九州旅行前半 (168)

雰囲気はモスバーガー的なハンバーガーカフェなお店で、平日の昼下がり奥様たちグループがひと組がランチを楽しんでいました。
人気があるみたいで、ハンバーガーを待つあいだにも何組も買いに来るお客さんが多く、地元で支持されているのを感じます。

九州旅行前半 (172)

わーい、届きました!
今回の九州旅行の最初のハンバーガー!
なので、やっぱり最初はちゃんとポテトとコーラでいただきたいです。
それではいただきます!

九州旅行前半 (177)

バンズは業務用っぽい感じの特に目立つ顕著なものはないのですが、それがまたニヤりとしてしまったり。
チーズがテリヤキソースと相性がよくて濃い目であります。
食べやすいハンバーガーでサイズも小さめ、直径12cmぐらい、高さも4cmほど。お手軽サイズ。
フライドポテトもまた美味しくてコンソメスパイシー。
こういうローカルファストフードショップ、最近のマイブームになりそう。

九州旅行前半 (170)

どちらかというと、サンドイッチ的な創作バーガー店ですが、プラミアムバーガーとしてフォアグラを使ったメニューもありました。

あぁちなみにパティは黒毛和牛を使っているそうです。
この贅沢な感じをファストに味わえる、そんな手軽さが気に入りました。
お店は数店舗あって、福岡市内にも何軒かあるようです。
うーん、堪らないな~><

九州旅行前半 (180)

ローカルチェーン店って、とっても魅力的です!
実はゆーだいは、チェーン店も大好きです、えぇバーガーが好きなのでどんな形態も好きなんですけど。
ローカルチェーンというのは、地場に根付いた経営が大事で、食材の手配、雇用の確保、従業員の福利厚生、地域への食の安定供給、見方によってとても面白いんです。

九州旅行前半 (162)

個人店舗ではなく、多店舗展開をする、その壁を越えたところにローカルチェーンの魅力があります。
店を増やすことにオーナーがどんな想いを抱いているのか、気になりませんか?
単にお金儲けしたいでもいいし、美味しい食事を多くの人に楽しんでもらいたい、色々あると思います。
サラリーマンをしているせいか、食でないところにも目を向けて、経営スタイルや社風などを感じることもまたご馳走なんですね。

九州旅行前半 (181)

あ~すっごい楽しかった!ごちそうさまでした!
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://hamburgers.blog136.fc2.com/tb.php/840-0ffa5aff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。