-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-03-20 22:00 | カテゴリ:2013 USJ編
【ハンバーガー旅行】 USJ編 第8話 2013年2月1日

『ハンバーガー』

201301大阪旅行 (344)

さぁいよいよハンバーガーの登場であります。
USJのチケット代を考えれば6100円のハンバーガーであります(笑
今回のUSJ、自分なりの一生の思い出になるかな。


■思い出の映画
『プリティウーマン』(1990年)
Oh, Pretty Woman - Roy Orbison

この曲を聞いたことない人はいないでしょう、同タイトル映画でリバイバルヒットしたオールディーズの名曲。
実は映画、レンタルビデオで高校生になって見た限りであまり思い出に残っていないです。
何が残っているかというと、学校の掃除の時間に流れていた曲なんです。
(あと、Hound dogのフォルテシモとか、ジェネシスのインブシブルタッチとか、流れていました)
間違いなく学校の先生がこの映画を気に入って流していたに違いない。
映画自体はジュリア・ロバーツのドレスの美しさ、ウェーブのかかった赤毛、大きな口を開けて笑う姿が印象に残っていました。
あぁ~これが外人さんか~と、それはそれで異文化らしさを感じました。
後日談で、ジュリア・ロバーツよりメル・ギブソンの方が身長が低いと聞いてちょっとショックでありました(笑
この曲にしたのは、決して店員さんが可愛かったからではありません。


■カウンター

201301大阪旅行 (343)

さぁ~引っ張って引っ張って、やっとハンバーガーです。
カウンターはこのような個別のレジシステムになっていまして、ファストフード店のようにカウンターで直接頼んで出てくるわけではありません。
スタッフさんのユニフォーム、アメリカングラフティの制服だったら良かったのになぁ~。
でも背中のMelsが入ったジャンパーが羨ましいw

201301大阪旅行 (335)

オーダーを済ますと、晴れてカウンターへ。
ここでドリンクとハンバーガー類がトレイに乗って出てきます。

201301大阪旅行 (339)

いちいち写真撮ってすいません!面倒な客来たなって思われただろうなw
撮影をお願いしたら、苦笑しながら写させていただきました。
かわいいスタッフさんでしたけど、別にスタッフさん目当てじゃないのね、ユニフォームを撮りたかったんです。
というか、お店のオペレーションにも興味津々だったり。

201301大阪旅行 (338)

で、お姉さんがハンバーガーを用意してくれるまでカウンターを激写。
こんなドリンクサーバーほしいよね!ジュークボックスとセットで家に置きたいw
ちょっと現代的で雰囲気に似つかわしくなくて、あまりレトロ感がなかったのはコレとレジシステムぐらいでした。

201301大阪旅行 (342)

コーヒーサーバーだったかな?
まぁ飲食なので、スピード命で効率化を図るためにはなるべく現代の技術を使わないと回らなよね。
それでも見栄えはかっこよくて素敵です。

201301大阪旅行 (340)

さぁ、いよいよ私の注文したハンバーガーが出てきます。
どんなハンバーガーかとっても楽しみ!
さぁって、どこに座って食べようかな!


■アメリカングラフティのハンバーガー

201301大阪旅行 (305)

座ったのはココ!
車両のようなコーナーの一席。

201301大阪旅行 (344)

これが私が注文した「メルズ・クラシックチーズバーガーセット」
¥1,480のセット価格にビールを追加。
やっぱり休日は昼間からビールよね。

201301大阪旅行 (345)

箱をあけますと、さらにバーガー袋で包まれていました。
おぉ、そう来るか。。。
ここはデーンとビックマックのように具材散らかりまくりで出して欲しかったかも。
全体的に第一印象は味気ないの一言です。
ボリュームが足りないんだよねー。
それから白トレーと食品トレーがとてもショボく見えちゃうよねぇ。

201301大阪旅行 (346)

でもってバーガー袋をあけます。
あらヤダこの子、ゴマたっぷりで結構かわいいかも。
小さな話ですが、Melsのオリジナルバーガー袋がちょっとうれしい。
基本的に包んだまま手づかみで食べさせるようになっているので、写真を撮るためにバーガー袋をひっくり返しました。
こうやってバーガー袋を開いて「いただきます」と合掌すると、やっとランチっぽい感じになりますね。

201301大阪旅行 (349)

実食。
モグモグ。

201301大阪旅行 (348)

パティはしっかりとビーフ100%、もっさりとしていて肉汁少ない。
パサっとしてポロポロとした感じもで、ちょっとしょっぱいかな~って気もしますが、アトラクションで疲れた人には美味しく感じると思います。
バンズは断面トーストされていて。甘くもなくシンプルな小麦バンズであります。ゴマの香ばしさがマヨネーズやパティと合っています。

201301大阪旅行 (353)

普段、私の美学でクラウンをめくって写真を撮ることはしないのですが、この時はちょっと撮ってみました。

全体的にパサっとしているので、レタスやピクルスはさほど気にならない存在感でしたが、水分や酸味が楽しいといえば楽しい。
チーズがね、メルトされていたらなお良かったのですが、一枚挟まっているだけなのはちょっと寂しいかな。
これででろ~んと溶けていたら、おおアメリカ!!って感動に近づけるのですが。

201301大阪旅行 (351)

それにしても、このMels Drive Inを大ヒューチャーしているようなブログ、私ぐらいかも?
やっぱりUSJはライド系が人気ですし、アメリカングラフティを知らない、知っているけど興味薄いって人が多いでしょうね。
最近の映画でもないですし、派手なアクションでも、恋愛映画でもない、有名な俳優はハリソン・フォードぐらい。
テレビで放映することもない昔の映画です。

201301大阪旅行 (352)

思い入れもなく、小腹がすいたからちょっとハンバーガーを食べようか、、、
そんな感じの方にしてみれば、ハンバーガーセット値段の高さにびっくりしちゃうでしょうね。
テーマパークだから仕方ないか、と皆さん割り切ってしまうんですよね。
これが一家の大黒柱のお父さんやお母さんは、子供たちと一緒に食べたらものすごい出費ですw

■ハンバーガーもまたエンターテイメント

201301大阪旅行 (354)

私にとっては値段は高くても、ここのMelsで過ごす時間もまたアトラクションのひとつだったりするんです。
映画の世界や、こういう憧れのダイナーでハンバーガーを食べるというシチュエーション自体がもうそれこそエンターテイメントを味わっている気になってきます。
店内の装飾は、そういう雰囲気をたっぷり味わせてくれます。
同じようにそういうマニアックな気持ちで過ごす人が男女関係なくちらほらいてちょっと嬉しかったです。

201301大阪旅行 (294)

ハンバーガーってエンターテイメントだと思うんです。
料理人さんが客に楽しんでもらいたい、それってエンターテイメントでしょ?
食べて感動してもらいたい、それってアーティスティックだし、色んな人と人が出会う場所ってドラマティックじゃない?
もうね、お店でハンバーガーを食べていると時々、すべてが「芸術」的に感じるときがあるんです。

201301大阪旅行 (325)

普通のテーマパークのレストランですけど、想いをいろんな方面へと馳せると押し寄せてくる幸せ。
クラフトバーガーでも、グルメバーガーでも、ファストフードでも、なんと呼んでもいいけれど、それに自分だけのいろんな夢をトッピングして食べることが出来る料理、それがハンバーガー。

201301大阪旅行 (311)

この店に入るためにUSJの高いチケットを買って入場するだけの価値が私にはありました。
また他愛もない席にすわってビールやコーヒーでも飲みながらまったりと雰囲気を味わいながら過ごしたいものです。

あぁ、でも入場者が多いと混雑してそんな夢心地に浸るだけの静けさや穏やかさが皆無になるので、開店早々がやっぱり狙い目ですかね。
そんな「混雑を避ける」のも、テーマパークならではの楽しみ方ですかね。

201301大阪旅行 (359)

さて、メインディッシュを食べたことだし、USJのアトラクションを攻めに行きますか!
ということでMelsの前でライブをしているR&B JUKE BOX。
Melsの駐車場前のステージでとっても素晴らしいボーカルハーモニーが響いていました。
残念ながらこのイベントショーはこの後に公演がなくなってしまったそうなんですが、う~んなんかもったいない。
この人たちの歌はMelsの前だからこその美しさがありました。

次回、USJで食べられるもうひとつのハンバーガーをご紹介します。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://hamburgers.blog136.fc2.com/tb.php/814-09a383b0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。