-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-03-18 22:00 | カテゴリ:2013 USJ編
【ハンバーガー旅行】 USJ編 第7話 2013年2月1日

『Mels Drive In』

201301大阪旅行 (240)

ついにやってきました!
今回のUSJの目当てにして、大阪編の最大の見せ場でありますw
ここへ来るためだけに、ひとりUSJを無謀にも敢行し、高いチケットを払ったのです。
さぁ~たっぷり楽しみますよ~♪


■思い出の映画
『アメリカン・グラフティ』(1973年)
Rock Around the Clock-Bill Haley

ハンバーガー好きにこの映画のことが好きな人も多いことでしょう。
60年代のアメリカが収められた名作で、当時の若者たちが、アメリカンダイナーや、アメリカンロックをバックにたっぷりとロックンロールしています。
“ご機嫌なロック”とは、こういう曲のことをいうのでしょうね~。
見たことのないバーガーラバーズの方がいましたら、ぜひ一度見ていただきたいなと思います。


■アメリカングラフティ

201301大阪旅行 (242)

さて、USJの最大の目当てのアトラクション。
入場と同時に真っ先に向かったのがココ。
Mels Drive In。

201301大阪旅行 (238)

『アメリカングラフティ』に出てくるダイナーをモチーフにしたレストランです。

201301大阪旅行 (254)

開店が11時で、まだ閉まっていることもあって人がいないうちに撮影しまくりです。

201301大阪旅行 (249)

USJの中でも中心にあって、USJを歩いていると何度も行き来することになると思います。
『アメリカングラフティ』が好きなバーガーラバーズも多いことでしょうし、私なんかよりもずっと詳しい人ばかりだと思いますが、少しご紹介しますね。

201301大阪旅行 (413)

監督はスターウォーズでお馴染みのジョージ・ルーカス。
彼が1973年に発表した映画で“古き良きアメリカ”と呼ばれる1960年代の少年たちのヒューマンドラマです。
少年というか、青年たちというか、そんな大人になる微妙な年頃の子供たちが、ちょうどハイスクールを卒業して、それぞれの道を歩み始める時期、その1日に起きた出来事を映画にしています。

201301大阪旅行 (414)

このアメリカングラフティの魅力というのは、皆さん色々とあると思います。
カーレースやナンパのためにアメ車で夜を繰り出したり、ビートルズ以前のロックソングがラジオでたくさん流れていた時代、街には“ダイナー”と呼ばれる食堂でハンバーガーやコーヒーを飲んだり、、、

201301大阪旅行 (290)

子供たちの青臭い一日を映画にするという、なんとも単調なストーリーにも思いますが、そこにあるのはまさに青春。
誰もがきっと懐かしく、今はもうない時間の流れのゆたかさを羨ましいと思うと思います。
時代がとても純粋だったのでしょうね。

201301大阪旅行 (259)

その頃の日本は、戦後復興のためにみんなが努力していて、アメリカの家電製品に目を輝かせていたころ。
1960年代、東京タワーが作られた“三丁目の夕陽”やら“梅ちゃん先生”の頃の日本と、アメリカの若者の生活スタイルを比べてみるのも面白いでしょうね。

■映画を盛り上げる車たち

201301大阪旅行 (256)

USJのMelsの前には、劇中で使われた車と同じ車種が置いてあります。
知ったかぶりで紹介したいと思いますので、間違っていたらご指摘ください。

201301大阪旅行 (246)

主人公「カート」は若々しいリチャード・ドレイファスが演じています。
高校を卒業したてで、進路を決め兼ねている主人公は、劇中に出てくる車にどんどん乗り換えて一夜の話が進みます。
ちなみにリチャード・ドレイファスは『スタンド・バイ・ミー』の主人公の大人役で出てまして、それがこのアメリカン・グラフティの“その後”を感じさせるような雰囲気があって好きでした。
ロブ・ライナー監督、見事なチョイスでした。

201301大阪旅行 (247)

劇中に出てくるサンダーバード。
ブロンド美女「デビー」が街を流していた車です。
その美女に一目ぼれした主人公が、連絡を取りたいがため、伝説のラジオジョッキー「ウルフマン」にリクエストします、、、
主人公がお熱を上げてしまうような大人のようでいて、どこかあどけなさの残る素敵な配役でした。

201301大阪旅行 (243)

みんなのお兄さん役「ジョン」が乗るデュースクーペ。
街一番のスピードレーサーでみんな彼を知っていましたが、田舎に留まることでどこか取り残されそうな寂しさを感じる青年でした。
そんな彼がナンパした女子グループの妹「キャロル」と一緒に街を彷徨っていた車です。
キャロルも背伸びしたがる女の子で、今回の登場人物たちに憧れるような、そんな視点を楽しませてくれます。

201301大阪旅行 (249)

街のギャング集団「ファラオ団」が乗っていたマーキュリー。
主人公はひょんなことから彼らにつるまれて、逃げるに逃げられず一晩の大冒険を経験します。
自分があんなチンピラに絡まれたら嫌だなぁ~。
確か劇中では黒かったように思うのですが、忘れてしまいました。

201301大阪旅行 (250)

ハリソン・フォードが演じる「ボブ・ファルファ」が乗るシェビー210。
彼は他の街からやってきた喧嘩っぱやいスピードレーサー、ジョンを探して試合を挑みます。
ちなみにこの映画で俳優に復帰してSWで大人気になりますが、それまで大工をしていたそうですよw

201301大阪旅行 (251)

Melsに並ばれた車。
こうやってドライブインにハンバーガーを買いに来るというシチュエーション自体がもうすっごい素敵じゃないですか!
ちなみに劇中では、インカムがあってそこを押しながら注文します。
ローラースケートを履いたアルバイトの女の子たちが車までハンバーガーを運んで来てくれるのですが、USJの店員さんは残念ながらそんな格好はしていません。。。

201301大阪旅行 (258)

ちなみに「ダイナー」という名前がしっくりきそうなこの外観。
バーガーラバーズならこの外観にグッとくる人も多いのではないでしょうか?
夜見るとネオンがかっこいいんだろうな~この日は18時営業終了なので見れませんでした。

201301大阪旅行 (257)

今回は『アメリカン・グラフティ』の映画の紹介と、そこに出てくる「Mels Drive In」をモチーフにしたUSJの外観についてご紹介しました。
どうですか?この回だけでも「ひとりUSJ」に行ってどっぷり堪能してみたいと思いませんか?w

次は、そのMelsの内装とハンバーガーをご紹介しますよ♪
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://hamburgers.blog136.fc2.com/tb.php/812-96ce8f8b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。