-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-28 22:00 | カテゴリ:2012 関西・中国編
【ハンバーガー旅行】 関西・中国編 第13話

2012年11月17日(土) 『幻のビール』

121117 (81)

今回、つべこべ言いいません。
↓より続きをどうぞ。


■旅のBGM
Grand Prix - Poker Face



■幻のビール

121117 (84)

さて、スマホの充電を待つ間、次のターゲットを考えていました。
そもそも、神戸にはビールも飲みに来たというのに、まだまだ満足できていない!
ということで、改めてスマホさんの情報検索力を駆使してベルギービールが飲めるお酒を検索。

検索くんにひっかったのは、飲食ビルの最上階にあるベルギービール専門店の「LAPUTA」というお店。
ゴーゴー!

121117 (87)

おぉ、思いのほかかなり本格的で、雰囲気が楽しいお店であります!
カウンターに案内してくれて、さっそくメニューを開くと大変親切で、ベルギービールについて興味が深くなるような、教科書のようなメニューでありました。

121117 (113)

初心者にも大変わかりやすくて、お店の方のベルギービールを楽しんでもらいたいという姿勢がメニューのコメントに現れています。

「よくビールは飲まれるんですか?」と声をかけて客の好みを聞いて、色々勧めてくれるあたりに、実はすでにノックアウトされていたりして。

121117 (91)

着席してから10分、メニューを睨んで、色々と進められて、最終的に選んだのはコチラ。
RODENBACH CLASSIC、Alc 5%
“レッドビール”と呼ばれる深い赤色で、酸味が効いていて後味がすっきりしているフレッシュで美味しいビールです。
若干の“くさみ”を感じるあたりがなんともマニアックというか、これがオーク樽で熟成した味と芳香なのかなと思いました。
上面発酵で、西フランダース地方で作られている独特の風味が楽しい一杯であります。

121117 (110)

そして専用グラス、専用コースターで提供してくれるあたりがとっても嬉しいじゃないですか。
注ぐときに店員さんが「よろしければおつぎしましょうか?」と聞いてくれるのですが、
それはベルギービールが好きで単に「注ぎたかり」なだけでしょー!と突っ込んでみるw

121117 (114)

大変美味しいビールに会話も弾みました。
私、実はベルギービールアドバイザーという資格保持者であります。
その辺の話をさせていただきながら、これから日本の世の中にベルギービールが多く流通したらいいですね!なんて夢を語り合う時間が本当に楽しく、嬉しくて、アルコール以上に酔いしれた夜でした。


が、本当の幸運はこれからでした。


私が「トラピストビールに追加された銘柄があるのをご存知ですか?」と尋ねたところ、なんと幻のトラピストビールと呼ばれる「WESTVELTEREN」が、“たまたま”今この店にあったというじゃないですか!

どの辺が幻かというとですね、厳格なトラピスト(修道院)として知られている所で作られているビールなのですが、営利を目的としていないため、その修道院でしか買えないビールなんです。
世に「トラピストビール」と呼ばれる銘柄は6つあって「Achel」「Chimay」「Orval」「Rochefort」「Westmalle」、そしてこの「Westvelteren」です。

(本当は、私が問いかけたのは、オランダで作られている「La Trappe」、「Mont des Cats」 (フランス)、「Engelszell」(オーストリア)のことでした、うーんマニアック過ぎたw)

何故この店にあったかというと、どうやら修道院の改築工事で費用が必要とのことで、例外的に販売が許可されたようでひとケースだけこの店にも入荷したそうです。
その輸入をしていたのが、兵庫県の小西酒造さん。
ベルギービールを積極的に輸入して広めた販売代理店さんです。
あぁ、やっとやっと「小西酒造」さんの話までたどり着いたー!!

121117 (93)

そして店長さんが在庫を調べたところ、なんとまだ数本残っているとのことで、販売してくださいました>w<マジか!!!
その値段、1瓶2500円!!!!!たっかーいww

いや、まてよ通常の330ml瓶で1200円ぐらいするベルギービールの相場の中で、ベルギーに行かないと飲めないWestvelterenがその2倍って考えようによっては安いのかもしれない、一生に何度飲めるかわからない代物がたったの2500円!?と酔いも手伝って、よく判らなくなってきた????

121117 (95)

そして購入しました!!!

ひとしきり記念撮影、拝みに拝むw
この喜び、ベルギービールが好きな人でしか判らない喜びだと思いますが、知っている人には羨望の眼差しに映る本当に幻のビールなんですっ

そしてここでも例の店員さんが「お注ぎしましょうか?」と聞いてくるw
コヤツ、私の貴重なWestvelterenを注ぐという楽しみを奪う気かっ!交換条件に撮影許可もらいましたよw

121117 (99)

緊張されて少し手が震えているのを私は見逃さず、そしてあえて何も言わずこの銘酒が注がれるのを激写!
やっぱり大変お上手な注ぎ方で、しっかりと泡で蓋がされて香りとビールを閉じ込めてくれました。

121117 (102)

そして、、、緊張の一口。。。

121117 (108)
!!!!!!
冷静に冷静に振舞う自分w
強いアタック、ローストされたようなビターな苦味と濃厚な香り、まろやかで口内で弾けるかすかな炭酸、喉を通り過ぎた後に残る熱いのどごし。
どちらかというと、Maredsousや、Gouden Caroulusのような濃厚かつ豊かで深い味わいのするビールです。
ちなみに私が飲んだのはWestvelteren 12と呼ばれるもので、Alc10.5%ほどあります。

121117 (96)

営利を目的としていないため、ラベルなんてものもなく、王冠もなんの印もないいたってシンプル、無印ビールです。
ちなみに瓶だけはWestmalleと共同で使っていて、形が一緒であります。

121117 (105)

それをわざわざ教えてくれて(知ってたけどね!)見せてくれる親切さ、そしてベルギービールをもっと楽しんでほしいという店長のホスピタリティにとっても感動しました。

やばい、この店は本当に素晴らしいベルギービール専門店でした。

店長が名言を残してくれました。

「ビールは運を呼び寄せるために飲むものだ」-by Laputa-

すごい!名言すぎる!>w<)ノシ
この幻のビールを飲むことで自分の運を使い果たしたのではなく、さらなる運を呼び寄せることにつながるという、なんとも最高なビールな夜。
神戸すごい、感銘を受けました><

121117 (111)

この幻のビールを飲んだあと、今日はもうビールは飲めない!ということでお会計。
最後の最後に、なんとこのWestvelterenの専用グラスをいただいてしまいました!!!!!!!!

121117 (103)

「もうお店にほとんど残っていないし、なくなったらグラスだけになっちゃうのもしょうがないので」
店長男前すぎる!!!!!
熱い接吻と抱擁をしたい気持ちを抑えて抑えて、大感謝をしてお店を後にしました。

121117 (116)

すっごい楽しく飲ませてくれて、神戸がこんなにも素敵で輝いている街に見えるのは初めてです。
涙でレンズが霞むわ(TーT (ブレただけだけど)

121117 (115)

こんなにテンションの高いブログを書けるなんて予想もしてませんでした。
ビールは運を呼び寄せるために飲む、私の手帳にしっかりとメモっておきました!
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://hamburgers.blog136.fc2.com/tb.php/798-edc6793c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。