-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-24 22:00 | カテゴリ:2012 関西・中国編
【ハンバーガー旅行】 関西・中国編 第10話

2012年11月16日(金) 『ジャンク』

121116 (199)

奈良編最後の章です。
全体で見ると、やっと半分まできました。
話長~い(爆
これまで色んな旅日記を書いていきましたけど、トータルして文字数いくつになるんだろう。



■旅のBGM
Rob Zombie - Dragula



B級ホラー大好きなカルトアーティスト、ロブ・ゾンビ。
アメリカのB級映画というのは本当にチープなものばかりで、期待してレンタルすると大抵失敗します。
そもそも映画を楽しむ観点が作り手も観る側もそもそも一般の常識から逸脱しちゃっているんですよね。
ハンバーガーについても、グルメと呼ぶのに時に抵抗を感じます。
それはハンバーガーにジャンクフードならではの、メジャーなグルメに対するカウンターパンチ的な価値観があるからだと感じています。


■ジャンク。

さて、次なるお店へと向かいますよ。
1店舗閉店のため、当初の予定より時間もお腹の具合にも空きがあったので、本当は寄る予定ではなかったお店へと遠征することを決めました。

駅から遠いよ~。
でも歩くのが大好きなので、嬉々として歩いていきます。

駅から歩いて約30分ほど、大抵苦労の末に閉まっているケースが今までの経験則、、、

121116 (170)

開いてた~w
(だから電話すれば済む話じゃんと心の声の突っ込みが)

121116 (172)

こちらは「JuNK RiCH PiT」さん。
人それぞれ印象は異なると思いますが、お店の外観とは違って、中に入るとなんだか山小屋のロッジのような印象。

121116 (173)

さっそくチーズバーガーをオーダー。
届けられたらクラウンを前に出されました。まるで亀の甲羅のようだ。

121116 (176)

うむ、とにかく肉がメイン、とても美味しい。ジューシー。
肉がとても荒々しくあり、店名のジャンクっぽさを感じさせる出来です。
予想以上に美味しいハンバーガーです。
サイズは2種類あって、200gのビックサイズと100gのサイズで、今回は小さいほうです。
さらに小さめバーガーというのがあってなんと200円。
ハンバーガーのほかに、ロコモコ、丼もの、トルティーヤロールなどがメインのようです。

121116 (180)

通行量の多い幹線道路沿いの狭いお店。
恐らくは居酒屋やそば屋的な物件を改装したのだろうといった感じですが、木製テーブル&チェアにレンガ調の壁面経師で、重たい雰囲気をかもし出しています。
誰もいなかったので非常にゆっくりできる雰囲気でもありました。

121116 (183)

お話を伺ってみると、お知り合いに肉屋がいらっしゃって、その勧めでお店を開くことになったそうです。
なるほど、これほど素晴らしい肉は、やはりそれなりの信頼おける方がバックにいるからこそですね。
こちらのお店、ぜひ今一度バイクで寄ってみたいお店です。

121116 (185)

お店の名前のようにジャンクで、リッチで、そして休憩に寄りたい素敵なお店でした!
もっともっとゆっくりお話を楽しみたかったなと思いつつ、電車旅で時間も制約されているのでお店を出発しました。
お店を出た後の気持ちは、まるでピットから出発したF1レーサーのような気分w
これからも元気で次を目指します!

■FAKE

121116 (186)

ハンバーガーを食べる旅路は続きます。
PITさんを出発し、次の場所は近鉄の築山駅近くのバー。そこまで歩くよ!
Google Mapさんは距離を50分と見積もり出しました。歩くよ、燃焼。
途中マクドナルドでスマホ充電のためしばし足止め休憩。
ココ、コンセントがたくさんあってとっても素敵でした!

121116 (187)

暗い。
そして人気がない。

121116 (189)

てくてく歩いて、たどり着いたバー。FAKEさん。
おぉ、しっかりお店に電気がついている。
はるばる歩いてお店閉まっていたらくたびれ損だもんね。

121116 (190)

この重たげなドアを開ける。
店員さんがキーボードと楽譜をにらめっこしているところ、顔を上げて目が合いました。

「あの、何か」(・_・)?
 「ハンバーガー食べに来たんですけど。。。
「20時からなんですがー」
 「もう20時です」(・x・:)

慌ててお店の開店準備をする店員さん。
今日、平日ですもんね~、ごめんなさいね~と言いながらカウンターに座らせてもらって、落ち着くのを待つw

121116 (195)

店内はB級ホラー映画を題材にしたような装飾で、パンク/コアなデザインが目に留まる異色系のバーでした。
が、なんとハンバーガーはもう作っていないらしい。
えー、外の看板にちゃんとハンバーガー写っていたやん。(日焼けして消えかけていたけど)

121116 (193)

歩き疲れもあって、せっかくなのでビールをいただくことに。
店員さん、気を聞かせてくれて、せめてハンバーガーの雰囲気でも味わってもらいたいと、食パンで挟んだハンバーガーを出してくれました。

121116 (196)

お願いはしていなかったのにわざわざ作ってくれてお代も不要とまで言ってくれたので、お断りすることも失礼なので美味しく完食。奈良の人は優しすぎ!w
感想はハンバーガーとして完成されていないので控えますが、お腹をハンバーガー以外のもので埋めてしまうことに、お気遣いに感謝しつつもちょっぴり複雑な気持ちに。
まぁ、今日は残りあと1軒だからいいか。まだ1個ぐらい入る余裕はあります。

121116 (194)

ハンバーガーをお辞めになった理由はあえて聞きませんでしたが、またハンバーガーを作る機会があったらよってみたいと思います。

そういえば、お店の名前FAKEさんといいます。
まさに引っかかった気分!?

長くなってしまったので奈良編終わらなかった!w
明日も引き続き奈良のハンバーガー出てきます。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://hamburgers.blog136.fc2.com/tb.php/794-346844ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。