-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-17 22:00 | カテゴリ:2012 関西・中国編
【ハンバーガー旅行】 関西・中国編 第3話

2012年11月14日(水) 『変化の風』
121114 (25)

ハンバーガーを食べて回っていると、実はいつも朝が暇。
大抵のハンバーガー屋さんというのは11時からオープンします。
早くても10時ぐらいから。
その間を利用してできる範囲で観光を楽しむのですが、暇なときはと~っても暇。
でも、今回やっと朝からハンバーガーを食べられる大阪のお店を見つけました。
仕事の前のハンバーガー!行ってみましょう~♪


■旅のBGM
Scorpions - Wind Of Change



ドイツのクラシック・ハードロックバンド「Scorpions」の名バラード。
この曲が生まれたのは「ベルリンの壁」が崩壊し、ソビエトでクーデターが起きロシアが誕生した頃。
誰もが世界が平和へと着実に歩んでいることを喜んでいました。
後になって振り返ると、人それぞれターニングポイントだったことはいくつもありますが、今回の大阪は今までと違う感触があって、それは“風”のようなものだったように思います。


■朝からスマイル

121114 (3)

さて実は大阪へは仕事で来ているのですが、前日入りしたので午前中は時間があります。
さっそく朝から営業しているハンバーガー屋さんをめがけて出発です。
朝から晩までハンバーガー食べたい私のようなバーガーホリックな人間にとって、ファストフード以外でバーガーを食べられるというのは大変貴重なんです。

121114 (6)

天王寺駅から、「阪堺電気軌道上町線」というローカルな単線電車にのって「東天下茶屋駅」に行きました。
ここに朝8時からオープンしているカフェがあるんです。

121114 (8)

って閉まっているやないかーい。
時間は8時5分過ぎ、、、うーんどうしたものだろう。

しばしお隣のモーニング営業している喫茶店に入ろうか悩む。
せっかくの出張でハンバーガー以外のものを出来れば食べたくないよねぇ、、、
・・・しょうがないから帰るか、、、

121114 (24)

と思った矢先、シャッターが開けられて入店できました!やったー

こちらのお店は「Cafe SMILE」さん。
店内のいたるところにスマイルグッズが飾られていてとってもキュート。
カウンター席にちょこんと座って開店準備が終わるまでしばし待つ。
遠いとこから来たのに、のんびりしていてごめんなさいね~なんて事を言われながら、逆に朝からバーガーを求めてすいません。

121114 (15)

早速ハンバーガーを注文しましたよ!朝からハンバーガーが食べられる幸せw
こちらのハンバーガー、カフェっぽいハンバーガーを想像していたら良い意味で大きく裏切られました。
まずもってパティが美味い、なかなかずっしりとした重みのあるパティで、ビーフ100%に限りなく近い食感です。
カフェのハンバーガーというのは、軽食らしく手軽で、消化によい“軽め”のハンバーガーがほとんどですが、こちらお店は朝からヘヴィ。
まぁ実際朝からハンバーガーを食べるお客さんは少ないそうですw

121114 (13)
(ピンボケ失礼!)

バンズは“白神こだま酵母と国産小麦で焼いた自家製パン”だそうで、もちもちで結構腹持ちがよい重たいバンズ。
断面はちゃんとトーストされていて香ばしさが引き立っておりました。
うーん、ご馳走様!

121114 (14)

カウンターだけの小さなお店でこじんまりとしていて、とても落ち着くお店でした。
朝8時営業で(この日は「油断していました」って言ってましたが)、夜20時までの12時間も営業しています。
早朝、ランチ、夜と、時間帯によってお店に出入りするお客さんも変化に富んでいそうな感じです。

121114 (17)

マスターとお話をしていて、とってもハンバーガーに対して真剣に考えていらっしゃってとても好感を持ちました。
年に数回、東京のお店を回ってハンバーガーやカフェのスタイルを研究していますし、それがお店のハンバーガーの味にしっかりと現れています。
そこに「東京の物まねでない」、オリジナリティある美味しさを表現されていて、Cafe SMILEさんらしさがちゃんとあるんです。

121114 (19)

マスターとハンバーガーの話をしながら、とてもマイペースな時間を過ごすことが出来て、とても心和やかな気持ちになりました。
この町中のCafeで、大阪の人たちの普段の生活に触れたような気持ちになって、朝から素敵な美味しさをいただくことができました。
お店を後にするとき、とてもとても、とても名残惜しく席を立ちました。
また一回り大きくなって?またお会いしに行きたいなと思います!

■学校前のハワイアンカフェ

121114 (27)

さて東天下茶屋駅から、今度は淀川駅へと向かいます。
ミナミからキタへと大移動。

次に向かったお店は駅から結構離れていて10分以上歩いて向かいます。
天気の良い空を眺めながら、この交差点近くにお店があります。

121114 (30)

こちらは「Aolani Cafe」さん。
ハワイアンな雰囲気がおしゃれでアットホームなお店です。

チーズバーガーを注文。手書きのメニューがかわいいです。

121114 (42)

ハンバーガーはゴマたっぷり、パティもビーフ100%に近い食感、しっとりしていて重く、意外にも結構ガッツリしたバーガーです。
チーズはパティにぴったりと、濃厚さを表現していました。
レタスに大きな印象はありませんでしたが、ビジュアルを華やかに、ハンバーガーにカラフルさとポップな雰囲気を与えています。
食べ進めるとそのレタスとトマトの水分と食感で、がっつりしたハンバーガーが柔らかな印象へと変わっていきます。
ほのかに独特の香りがしていて、ハワイアンらしい印象を受けました。

121114 (34)

こちらのお店もまたマスターの人柄が素敵で和み系のカフェです。
2階も拝見しましたが、ゆったりとした時間の豊かさを満喫できそうです。
道路を挟んだ店の反対側には小学校があるようで、近所に若い家庭が多く住んでいらっしゃるみたいです。

121114 (41)

そういった親子が利用しやすいアットホームさがこのお店の魅力に感じました。
ハンバーガー専門店ですが、ロコモコやピラフなどもあります。
とにかく朗らかで包容力のある笑顔に気持ちがやすらぎます。
なんというか、これが大阪の優しさのようにも思いました。
キレイな店内ですし、ハンバーガーもしっかりしているし、さりげないところに様々なクオリティの高さを感じる町のカフェです。

121114 (39)

淀川駅という、ちょっと大阪でも外れの場所柄で中々仕事でもプライベートでも近寄る場所ではないのですが、至るところに美味しいお店があるのがいかにも大阪らしいなと思いました。
この心温まる雰囲気にすっかりやられました。
なんだかまた「帰ってきたくなる」そんなお店です。

121114 (26)

朝から素敵なカフェ2軒をハシゴして、すっかり大阪に対するイメージが変わりました。
今まで大阪というのは、狭い場所に膨大な飲食店が存在して、景観も雑多なイメージが強くて「捉えどころがない」という感想だったのですが、改めて人を感じ、人に触れたことが出来たように思いました。

121114 (29)

自分は朝からハンバーガーばかりを食べているとってもクレイジーな人間だと思いますが、どちらのお店も分け隔てなく接してくれたことに大変嬉しさを感じました。
大阪という街は、とっても器の広い場所だなー、となんだか今までにない目で大阪を感じることが出来ました。

雑多でごちゃごちゃしていて色んな人がいるからこそ、実は誰にとってもオープンな都市なのかもしれない。
そう思いながら、この後ビジネスやプライベート時間を楽しむのですが、それが今までとは違う格別な大阪体験へとつながっていくことになりました。

そんな大阪再発見のきっかけの朝でありました。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://hamburgers.blog136.fc2.com/tb.php/787-e72d6cd6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。