-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-01-06 22:00 | カテゴリ:2013 関東近郊編
【ハンバーガー旅行】 関東近郊編 第2話

2012年12月30日~31日

20121231@デモデカントリー (1)

水戸から帰ってからの翌日、部屋の掃除も適当に終わらせて散歩へ行きました。
行き先はもちろん今年中にもう一度食べておきたいハンバーガー!
ということで、大晦日にそばでなくハンバーガーを食べちゃうバーガーホリックな一日をお楽しみください。



■旅のBGM
Europe - The Final Countdown



一度はどこかで聞いたことのある名曲中の名曲、カウントダウンには必ず使われる定番曲。
スウェーデンが生んだ世界的なハードロックバンド、ヨーロッパ。
北欧らしい透明感あふれるドラマティックでメロディアスな曲で一躍トップアーティストになりました。
やっぱりメロディアスなハードロックっていつ聴いてもいいなーと思います。
年末なので、お決まりのこの曲で。

■押上 世界のビール博物館
2012年12月30日

20121230ビール博物館

今年5月にオープンした東京スカイツリー。
そのレストランフロアにオープンした「世界のビール博物館」
本当の博物館ではなくて、あくまでもレストランです。
このお店、値段は高めですがビール好きには堪らないお店であります。
エントランスからしてこんなビール瓶の山がお出迎え、テンション上がるわ~

20121230ビール博物館 (8)

レストランは結構広くて、ビアホールのような雰囲気。
四方に陣取っているカウンターは、アメリカ・ドイツ・ベルギー・イギリス・チェコの国々のカウンターを再現していて、国によってデザインの違いで雰囲気が異なるのを見ていても楽しめます。
で、私が座ったのは前回同様にアメリカ。

20121230ビール博物館 (2)

このビール博物館、単なるレストランと侮るなかれ、意外にもマニアックなビールの銘柄が取り揃っています。
日本ではここでしか飲めないビールというのも多く、そのうちの一つがコレ、シアトルのPike Brewingのクラフトビール。
シアトルに旅行した時に入ったバーで「コレがシアトルスタイルだよ」と言って出されたオススメビールでした。
ゆーだい思い出のビールの一つですが、それが飲めるだけでココの店の価値は高いのです。
残念ながらIPAが切れていた!のでキルト リフターという方を飲みました。美味しいよ~!

20121230ビール博物館 (12)

ビールがうまいだけでなく、バーガーもまた美味かったりするのがびっくり。
ハンバーガーメニューはひとつしかないのですが、これがダブルパティ、ダブルチーズという豪快な品。
皿の盛り付けもあえてズラして魅せているのが素敵だし、サラダとトマトを分けているのもGJ!
パティのチーズだけ味わいたい、全部載せて食べたい、そんな時々のワガママに合わせられます。
ビーフ100%で200g以上のヘヴィ級ですが、PIKEビールと合わせて最高の幸せが味わえますw
値段が高めで観光地価格なのは致し方ないけど、この飲み食べ合わせはココだけなんで来年もまたお金に余裕ができたらスカイツリーそっちのけで食べに行きたいと思います。


■業平橋クアアイナ スカイツリータウン・ソラマチ店
2012年12月30日

20121230@クアアイナ (1)

ビール博物館の後「ソラマチ」をウィンドウショッピング後にまたもやハンバーガー。
いいでしょこのブログ?これでもかってハンバーガーとビールが出てくるw
私はファストバーガーもクラフトバーガーも大好きです、もちろんこのクアアイナもね!
クアアイナは実はセットのビールが超絶オススメであります!
見てこのサイズ!!Lサイズを頼むとたった+500円でハワイアンサイズです!
これじゃサイズ感がつかめないので、、、

20121230@クアアイナ (3)

ハンバーガーと一緒に、、、ってクアアイナのハンバーガー自体が大きいので、全然伝わらないw
ビール好きな方はぜひセットでLサイズビールをご注文ください!
こんなに飲めない!ってぐらい大きなペプシコップにたっぷりとビールを入れて堪能できます!
ちなみに銘柄はKIRIN一番搾りであります。ビールにラガーってやっぱり合いますね。

20121230@クアアイナ (7)

クアアイナの完成系。こちらベーコンチーズバーガー。
色とりどりで楽しく美しい、小さなゴマがたっぷりのバンズも香ばしく、パティもその他のチェーン店にない美味しさ。
クアアイナってココ数年でものすごく店舗を拡大していますが、この美味しさを日本で広めている功績って大きいと思うんですよね。
グルメとファストの中間を行く路線であり、舶来でありつつも日本に合わせた店舗オペレーション、今までになかった新しいベクトルの美味しいハンバーガーでファンを増やして、日本のハンバーガー地位向上に貢献していると思います。
この美味しさを日本のどこでも味わえるなんて素晴らしい!乾杯☆


■相模原 DEMODE Country
2012年12月31日

20121231@デモデカントリー (2)

さて2012年最後の最後に食べたハンバーガーがこちらです、小田急線「相模大野駅」の駅ビルに入っているデモデ・カントリーさん。
KIWAコーポレーションという大手飲食チェーンが展開しているアメリカンダイナーです。
他にも色んな業態を展開していて合計店舗数はいったい何店舗になるんだろう??
アメリカン飲食店は、有名なところでデモデダイナーの福生店が人気ですね。
渋谷にあるデモデクイーンも雰囲気がかっこよくて素敵でした。

20121231@デモデカントリー (8)

他店舗と違ってこの店は「Country」と名があるように、アメリカの田舎をモチーフにしたようなお店です。
アメリカンって簡単に言っても、地域や歴史が異なるだけで全く違う雰囲気が楽しめて面白いですよね。
普段よく目にするゴテゴテした50s&60sダイナーとは違ってこういうお店もまた味わい深いです。
駅ビル店なので利用客が幅広く、家族客やヤングでナウなアベックもいまして、ファミリー層にあった形態だと思いました。

20121231@デモデカントリー (6)

乳繰り合っている中学生っぽい若さあふれるカップルを目障りに思いながら、すっかり大人な自分はビールですよ!
昼間っからイチャイチャするのも、ビールを飲むのも、傍から見て対して違いはないかも!と思いながらグビグビ。
こちらのお店はどちらかというとファミレスっぽいというか、ハンバーガーだけでなく、ピザ、タコライス、ハンバーグなど全方位型でどんな人と一緒に来ても満足できそうです。

20121231@デモデカントリー (16)

こちら頼んだ「チーズバーガー」980円なり。
印象としては柔らかいハンバーガーで、全体的に統一感がありすぎて逆にインパクトが薄いようなハンバーガーに思いました。
逆に言うと、とても食べやすくて子供も食べることも考えるととてもバランス良い美味しさです。
実際、家族客が多くてピザもハンバーグも子供が好きそうなメニューですし、大人の味つけにしていないところにこのKIWAコーポレーションのマーケティング力に感心していたりして。

20121231@デモデカントリー (1)

このKIWAコーポレーション、会長がかなりやり手なようで飲食業界でも有名な方のようです。

飲食店の方々の「最終目標」が店によって違いがあるのはもちろんですが、ハンバーガーが美味しいだけでは決して大きくはなれなくて、「経営」というものがあって初めて規模を拡大したり、さらなるメニューを増やしたり、この日本でハンバーガーの地位が上がっていくのだと思います。

世界のビール博物館も、クアアイナも、KIWAコーポレーションも、食べて感じることでその規模の大きさに感心します。
開発力・マーケティング力・PR力など個人ではなく会社規模になると、こうも大きなことが出来るのかと。

ハンバーガーだけを楽しむことがばかりでなくて、その店や企業の狙いみたいなところまで探られたら面白いと思っています。
ハンバーガーの楽しみ方」にも書きましたが、美味しさを楽しむ面白さは何もハンバーガーばかりじゃない、そんなマニアックなところへ来年はどんどん踏み入りたいと思っています。


ということで、次回は新年のハンバーガー旅行です♪
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://hamburgers.blog136.fc2.com/tb.php/768-4fe5491b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。