-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-11-10 22:00 | カテゴリ:2012 東海・信州編
【ハンバーガー旅行】 東海・信州編 第12話


「Nobody Home」

東海信州編 (494)

【徒歩】
甲府市内


■旅のBGM
Heart - Nobady Home

Heartらしい、美しくはかないメロディが素敵なバラード曲ですね。

見知らぬ土地にひとりになることで、人に出会うことの温かさや優しさにとても敏感になるような気がします。
ここには、ここの人たちの生活や習慣があって、ずっと続いてきたんだなぁ~ってことを感じると、とても切なさを感じたりします。
同じ時間を生きてきて、なんの接点もなくすれ違いながら私たちは生きてそして死んでいくのだなと。
帰る家があって、家族がいて、同じ経験を重ねてきたホームというものを改めて思いを馳せます。


■甲府のハンバーガー

さて、パスタ食べちゃったけど、深夜飯にハンバーガーを食べに行こう!
ということで、先ほど結婚式2次会貸切だったお店「The Vault」へ向かうことに。

東海信州編 (481)

お店は地下へとつながっていて、なんか「甲府大好き祭り」や「結婚式2次会」の後かどうなのか、非常に雑然としていて混み合っておりました。
そんな中、カウンターの空席に案内してもらって座ってからドリンクとハンバーガーを注文。

東海信州編 (478)

ドリンクはビール!!!

こちらはベルギーの
トリプル・カーメレイトという名のビールです。
こんな銘柄のビール、初めて聞きました。トリプルってことは度数高めですねー。

東海信州編 (476)

Alc8%、900円なり。
ピリっ辛くホップが終始効いた強めのエールタイプのビールです。
黄金色のボディに泡が消えやすく、グビグビ飲んでしまうと一気に酔っ払いそうな感じです。

東海信州編 (482)

そして、こちらがオーダーしたチーズバーガー¥900。
バーで頼むハンバーガー、15cm幅に15cm高さの結構大きめなハンバーガー。
ゴマがクラウンにもヒールにもたっぷりついた特徴的なバンズ。

東海信州編 (483)

パティは合挽きのように思いますが、どうなんでしょうね。
5mm厚ぐらいの非常に薄いパティで焦げ目がついています。
大雑把なバーガーで、味もまぁ見た目を裏切らない大雑把な大味系。

東海信州編 (487)

それにしても歪な形をしている、なんともプリミティブなハンバーガー。
トマトとかとっても分厚く切っていて、とてもワイルド。
レタスって申し訳なさそうに挟まっているだけ。
バンズとパティが主役に味わってほしい、そんなバーガー。

東海信州編 (492)

これが完成系。まぁ単にバンズを乗せただけなんですけど。
今回試さなかったのですが、案外ケチャ&マスタードをかけた方がよかったかもしれない。
ケチャマスをかけるゆとりがある、というのは客に最終形を委ねるという自由さがある証拠。
「かけずに食べて」とか、「ソースは選べない」とか、それはお店の味を堪能できる反面、とても窮屈で受身なバーガーのようにも思います。

東海信州編 (495)

オーナーが外国の方で、スタッフも東南アジア系っぽい(違っていたらごめんなさいっ!)
厨房で働いている男の子は日本人っぽい、なんか無国籍というかグローバルというか、
ここ甲府だよね?っていうぐらい、店員もお客さんもみんな多種多様な人ばかり。

東海信州編 (493)

ビリーヤードやダーツに興じたり、カウンターでテーブルでそれぞれ会話を楽しんでそこかしこで大きな笑いが起こっています。
この甲府にいながら人種のるつぼ的なカオスが、この店のハンバーガーによく現れている気がしました。
甲府って実は山間部にありながらも、実はとっても開放的なのかもしれませんね。
山を超えたところにあるからこそ、新しいものをどんどん取り入れるのかもしれません。

東海信州編 (497)

ビールの種類も豊富で、さすがHOPS & HARBSなどのお店のオーナーだけあります。
それにしても、結構度数の高いビールで酔いが回り始め、お腹もいっぱいで眠たくなってしまいした。
この後、甲府の夜道をふらふらと歩いて寝床へ向かいました。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://hamburgers.blog136.fc2.com/tb.php/728-5df2562d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。