-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-30 22:00 | カテゴリ:2012 東海・信州編
【ハンバーガー旅行】 東海・信州編 第1話

「Who Will You Run To」

東海信州編 (5)

2012年10月19日(金)
【JR東海道線】
新橋駅05:23→沼津駅→静岡駅→浜松駅→名古屋駅11:30


■旅のBGM
Heart - Who Will You Run To


Heartはアンとナンシーのウィルソン姉妹でシアトルで結成されたロックバンドです。
この曲は名作「BAD ANIMAL」(1987年)のオープニングソングで、旅の始まりにも最適な一曲。
誰に向けて走るのか、新しい世界への出会い、そんな感じの歌だったように思います。
これから始まる旅の出会いに期待が膨らみますね。



■旅のはじまり

東海信州編

旅は朝3時半起床で始まります。
朝5時前に出発。眠い~~~
熱めのシャワーを浴びて体と目を覚まします。
若干、風邪の感覚があるので道中の体調が少し心配。。。

東海信州編 (1)

コンビニでペットボトルの水を購入しましたが、実はこれ最終日までほとんど口にしていませんでした。
ペットボトルがまぁまぁ重たくて、早めに飲んでしまえば良かったとこの時には知る由もなく。

東海信州編 (2)

新橋に到着。
朝早いのに、人がパラパラといる不思議。今日は平日なので、皆さん夜勤明け、またはこれから出勤なんでしょうか。
みんなが働いている時に休みを取って旅行に出ることにちょっと優越感。

東海信州編 (3)

新橋から沼津までとにかく眠ることを頑張ります。
気づいたら沼津、長い道中を短縮するコツ。

東海信州編 (6)

沼津で静岡行に乗り換え。ここでもウトウトしながら電車に乗って浜松を目指します。
この静岡~浜松間が東海道線で一番の難所です。とにかく長い、長すぎる。似たような風景ばかりで移動している感覚が乏しいのです。

浜松につくと、次の電車が遅れているようで時間ができたのでトイレ休憩。ここで改めてシャキ!っと目を覚まして、いよいよ本格的に始動です。
そうそう東海道線にはトイレがついています。

東海信州編 (7)

名古屋駅には15分遅れぐらいで到着。ただいま11時30分。
おぉ今回は、寝てた時間が長かったせいか比較的時間が短く感じられました。
約6時間の道中(うわぁ)、電車が嫌いな人にとってみれば苦痛ですよねぇ。
小学生の頃は、数駅乗っただけで乗り物酔いするか弱い男の子だったんだけどねぇ、図太くなったもんです。

東海信州編 (8)

さて、歩いて最初のハンバーガーを食べに「The Corner Hamburger & Saloon」さんを目指します。
今日の名古屋はとっても風が強いです、髪の毛をもみくちゃにされながらも普段通らないルートで到着。

東海信州編 (10)

平日でオープンしたてなこともあって自分ひとり、と思いきや12時前にたくさんの女性陣たちが押し寄せてきて、またたくまにテーブル席が満席となってしまいました。
Cornerさんにはいつも夜しか来たことなかったので、お昼の顔を見てみたいと思っていたのですが、夜とはまったく違うおしゃれなカフェのようでした。

東海信州編 (12)

とりあえずのビール!
やっぱりランチビールは最高ですねっ!
本日最初のビールはレーベンブロイ。サラっとした飲み心地がとても美味しい。

東海信州編 (13)

こちらのお店、ウィスキー類もたくさんありますが、ビールの種類も増えていまして、棚の最上段のビール瓶が来る度に増えているのがわかりますw
その徐々に増えているのが嬉しくて嬉しくて、マスターとお酒トークしたかったなぁ。

東海信州編 (18)

旅行最初のお店に選んだのも、バーガーというよりはオーナーとバーガー&ビールの話がしたいなぁという気持ちで選びました。
残念ながらマスターは夜勤務のようで不在で、3人の女性スタッフが働いていました。
Cornerさんの魅力って、バーガーだけでなくてオーナーさんの人柄もまた魅力なんですよね、エロイ感じとか。

東海信州編 (22)

で、そんな夜とはかわって、とても華やかでボリュームあって、超絶写りが美人のバーガー。
こういうゴージャスな感じが名古屋嬢っていうんでしょうね!(?)
見た目のようにパティの肉感・チーズの乗り方、色とりどりのビジュアル、どれをとっても完成度が高く、でりゃ~べっぴんです。

東海信州編 (20)

計算なのか、感性なのか、その旨さの完成美は日本国中でも屈指のレベル。
バンズにしても、中身は外見とは裏腹にふっくらとはしておらず、パティに味覚がいくように肉厚薄めに、そして焦げた感じがより全体を香ばしく、そしてドリンクを誘う感じがさすがの一言。
お皿の盛り付けは夜とは違いますが、それはお昼ならではでしょうね。
昼の客層にあわせて変化をつけるあたりが、いちいちエロイ。

東海信州編 (26)

素敵エレガントな名古屋女性ばかりソワソワしてしまって、マスターもいないしで、サクっと食べ終わって退店。
昼は昼でとても素敵なお店でしたが、やっぱ酒飲みとしては夜来たいな!
名古屋に来たら、ほぼ毎回寄っているのでまた機会を見てお邪魔します。

東海信州編 (25)

まだ旅は始まったばかり、最初からご馳走様でした!
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://hamburgers.blog136.fc2.com/tb.php/717-107bcaa6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。