-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-09-19 22:00 | カテゴリ:【ハンバーガー雑記】
久々に雑記的な内容です。

DSC_2708.jpg

8月に山口県→東京へハンバーガーツーリングして来たばかりですが、実は今月もまた大阪と甲信越へ行っていました。
おかげでプライベートの雑用も溜まり、仕事も忙しくなり、お金もなくなり、体重も増え(笑)色々と大変な感じです。
来月はまたまた中国地方へ出かける予定があったり、、、休みもなければブログ更新する時間もない(泣
DSC_2839.jpg

大阪は仕事の出張絡みなんですけど、どっぷりと濃密な時間を過ごすことが出来ました。
大阪にはほとんど仕事でしか行かないのですが、久々にもっとゆっくり時間を過ごしたいと思いました。
様々な人や店やハンバーガーに出会って、忙しさの中で時間を使うことの大切さを感じました。

DSC_2752.jpg

甲信越へはまたもやバイクで走りました。
仕事終わりの金曜の夜、バイクに跨って山梨→長野→新潟とひたすら走り、そしてバーガーを食べました。
甲信越の雄大な自然を前に、自分はなんて素敵な国に生まれたのだろうと感謝すら覚えました。
ハンバーガーもた~っくさん食べたのですが、残念ながら忙しくて大阪編も甲信越編も当分アップできそうにありません。

DSC_3160.jpg

来月の中旬まで、しばらくブログは更新できそうにありませんが、1ヵ月後に思い出せる限り、大阪編と甲信越編をまとめてみたいと思っています。
それだけ素敵な旅であったし、一生の思い出に旅の履歴を残しておきたいと思います。

DSC_2905.jpg

「閉じる店があれば、開く店がある」

最近、行く先々で昨今のハンバーガー事情について聞かれることもありますが、素人なのでそんな風にしか答えようがありません。
が、閉じるお店というのは、やはりハンバーガーというものを生業にすることの難しさが現実的な壁になっているようです。
ハンバーガーには「夢」がたくさん詰まっていますが、夢で飯が食えるほど現実は簡単ではないんですよね。
そして開くお店もまた、新しい夢へと挑戦する若者の姿がとてもまぶしくて応援をしたくなります。
閉じて、開いて、それはなんだか夢を追いかける人たちのバトンのようにも思えます。

DSC_3146.jpg

夢というものは、どんな形であっても良いと思います。
初心を貫く人、途中で変更する人、諦める人、人それぞれその決断をした人をまずは認めてあげたいと思います。
夢というものに捉われすぎて頑なになることよりも、もっと自由に自分の幸せを目指して柔軟に対応できる大らかさがあって良いと思います。

DSC_2726.jpg

どうもグルメというと、兎角私達もストイックなものを求めがちな気がしますが、ハンバーガーというものはそんなガンコなものだけでなく、もっとフレンドリーにフレキシブルなものとして楽しみたいと思います。
だって、ハンバーガーはあちらの国の自由と希望と夢が詰まっているんですから。
人がなんと言ってもいい、あなただけの素敵な人生をたっぷりと楽しんでもらいたいと思います。

DSC_2773.jpg

ハンバーガーを辞める人、これから始める人、そして今作っている人、ハンバーガーを食べている人、
みんなみんな、そんな自由な国の食べ物に憧れているのは間違いないのだから、多様性と挑戦を認めもっと広い心でゆっくりと行きたいものです。

DSC_2822.jpg

ハンバーガーブームのようなトレンドが数年前ありました。結局は東京だけの一過性のものだったのですが、今ではそのトレンドも一応の落ち着きを見せたような気がします。

DSC_2880.jpg

実は、これからの数年間のハンバーガーがとっても楽しみな時だと思っています。

トレンドが過ぎた後には、本当に愛されているお店、バーガーが大好きな人しか残りません。
そして新しい種が各地へと飛んで、全国各地で新しい芽が出始めているのを感じています。
全国各地のハンバーガーを広く食べている自分だからこその楽しみかもしれません。
やっと本当の意味で、ご当地バーガーではない各地のバーガーが出てきたなと思います。

DSC_3220.jpg


夢はまだまだ続きます、そしてもっともっと夢は広がり大きくなっていきます。
それを今楽しまなければとってももったいない!
ハンバーガーの道を歩む“道楽”はまだまだ続きます♪来月までお楽しみに~
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://hamburgers.blog136.fc2.com/tb.php/704-517a3d4d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。