-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-08-25 22:00 | カテゴリ:2012 中国・東海編
【ハンバーガー旅行】 中国・東海編 第5話

2012年8月12日(日)2日目

西日本の旅0812 (142)

道は人が通るから道であって、誰も通らない道は道じゃない。
そう思うとそこを使う人がどんな人であるか想像します。
どんな田舎道でも、山道でも、人里はなれたところでも、通る人がいる。
道の先に目指す場所があるからその道を通るんですよね。
私には道の先にハンバーガーが待っているのが見えるよ!


■旅のBGM
本城未沙子 - WONDERLAND


彼女のことを知っていたら、あなたはかなりの“ジャパメタ”好きですね!
彼女は浜田麻里と同時期にLOUDNESSのサポートを受けてデビューした女性メタルシンガーです。
しかも魔女3部作でなく、この曲のことを知っていたらかなりのマニアです。
そんなあなたとは良い酒が飲めそうですね!
M.T.Fujiの29年越しの初CD化を祝して本城さんVerのWONDERLANDを聞きながら、島根の旅をどうぞ。


■バーガーハウス ピコピコ

西日本の旅0812 (114)

三瓶山から更に山深いエリアを走って、奥出雲町へと向かいます。
山奥に、ハンバーガー屋さんがあるのです!!

西日本の旅0812 (117)

雨が降っていないものの、どんよりした雲に覆われています。。
走って走って、道を間違い、戻って戻って、さらにまた走って走って、、、
ひたすら島根県の山道を走っていきます。

西日本の旅0812 (118)

着きました、バーガーハウスピコピコさん。
なんとも古めかしい建物、年季の入ったお店の外観、うーん楽しみ!!

西日本の旅0812 (121)

ハンバーガーハウスという名前をしてはいますが、ハンバーガーだけを出すお店ではないみたい。町の喫茶店という感じがします。
町の小さなレストランという表現がとても似合っています。

西日本の旅0812 (126)

店内に入ってみると、確かにちょっとしたレストランのような感じ。
独特なお店の作りで、一段あがったところにテーブル席が3つ、右側見えていないところが円卓的なカウンターになっています。

西日本の旅0812 (127)

いつもの通り、チーズバーガーを注文しつつ、特別メニューの「しまね和牛チーズバーガー」の計2個を注文。

西日本の旅0812 (129)

先に食べたのは
しまね和牛チーズバーガー。
こちらは100gの塩味が感じられる100%しまね和牛パティ。パティが柔らかくてコクがでていてとっても美味しい。その反面、バンズは柔らかくてもちっとした食感、オニオンやレタスのシャキシャキとした新鮮さが対比していて小気味良い感じ。
オリジナルで作っているらしいケチャップがとても合っていて、手作り感ある優しい美味しさに溢れています。

西日本の旅0812 (134)

続きまして、普通のチーズバーガー。
こちらは豚の合挽きパティ50g。パティの量で判るように、非常に小さく手軽でおやつのようなバーガー。
食べてみると、全体的に柔らかく肉感が薄くて少ない。
その代わりにバンズの弾力や厚み、そして香りが主役のように美味しい。
口の中でぐちゃっとした感じになるけれど、その中でもケチャップの酸味が印象的でした。

西日本の旅0812 (138)

お店はローカル御用達の喫茶店。近所のおじさん、おばさんが方言で会話を楽しむお店でした。
雑誌や絵本がたくさん置いてあって、時間つぶしに最適な町の寄り合い所か??という趣。
バーガー以外に、ピザ、ラーメン、パスタ、カレー、ドリア、お弁当まで作る、本当に喫茶レストラン。
この町だからこそのハンバーガー、そして人の集うお店に思いました。
ポイントカードもらったけど、全部埋めてドヤ顔で使ってみたいw

■道に迷いまくる

西日本の旅0812 (141)

さてピコピコさんを後にして、道に迷う。
だーかーらー、道に迷ってこんな山道を通るのは勘弁して~と楽しくてしょうがない。

西日本の旅0812 (144)

走っても走っても、道に間違う^^;
走っていると雨も降ってきて、正直気が滅入るところでした。
案外、こんなところで熊とか出てきちゃうんじゃない?

西日本の旅0812 (147)

さぁつきました。現代美術庭園がある足立美術館。
なかなか有名な美術館なんだそうですが、全然知りませんでいた、ハイ。
むしろ隣にある安来節会館でドジョウすくい体験をしてみたかったのですが、時間がないため美術館を選択。

■足立美術館

西日本の旅0812 (148)

館内はとても広々とした日本庭園が広がっていて、様々な古今の芸術家の作品が飾られていました。

で、日本庭園ですが様々な技術を駆使して造園されたのが判るのですが、逆にそれが鼻について仕方ありませんでした。

西日本の旅0812 (152)

日本庭園は、こうやって鑑賞するものですよー、侘び寂びがあって素敵でしょー?と、なんかイチイチ見ていて煩いと思ってしまった自分は面倒くさい男です。
技術だけは大変立派なのですが、そこに「感情」がない、湧き上がってこないのです。

西日本の旅0812 (159)

日本庭園というのは、自然の中から自然を切り離し、自然を人工的に再構築し、新たに意図を持った自然を作り出す行為だと思うのですが、この庭園から見えるものは人の傲慢さや見栄とか、上辺だけの見た目の華やかさでしかありませんでした。

西日本の旅0812 (154)

この庭園が目指したものとは一体なんだったのでしょうか?
多くの人に支持されている美術館だけに、きっと多くの人にはすてきな庭園だと思うのですが、個人的には京都などで見るこじんまりとした世界観・自然観とは違い、非常に薄っぺらい庭園に思えてなりませんでした。

■米子

西日本の旅0812 (161)

時間は18時。
さぁ米子へ行ってディナーにハンバーガーを食べに行こう!
ということで、すでにここは鳥取県米子市。
ここに鳥取県で唯一といってよいハンバーガー屋さんがあるのです。
前回の中国編でも出てきました「The burger stand bubunova」さん。閉まっているし!
えー、今日定休日じゃないはずなんだけどなー。

くー、滅多にこれない米子だけに悔しさも大きい。
しばらく呆然としてしまいましたw

西日本の旅0812 (163)

小雨が降り続く中、しょんぼりして今晩停まるインターネットカフェにバイクを置きにいきました。
明日は、早朝から出発するのでネットカフェで仮眠程度に済ますのです。

思っていた以上に時間が出来てしまったのですが、ちょっと体調が優れず風邪の引き始めのような感じだったので近くの天満屋を散策するに留めました。

西日本の旅0812 (167)

天満屋の食品コーナーにありました、ご当地バーガー。
いやいや、ハンバーガー愛好家として作りおきで食べたいか?
うーん、実際にバーガーを出すこちらのお店まで行ってもよかったのですが、そこまでしてご当地バーガーを食べたいとは気力が出ず、なおかつこうやって黒毛和牛A4ランク!といわれると逆に引いちゃう性分なんですよね。

西日本の旅0812 (174)

そしてハンバーガーはなんとスルーして、ビールを買って帰ることに。
そこで鳥取を代表するクラフトビールの大山Gビールを2本購入。
ヴァイツェンとペールエール。
どちらも爽やかで飲みやすく、ホップ苦さが適度で最高でした。
今度、さいたまスーパーアリーナ前のけやき広場でビールフェスティバルがあるので、そこで生を飲もうと思います!

西日本の旅0812 (171)

ということで、今日は早いけれどこれで寝てしまいます。
明日はなんと早朝3時半置きです。おやすみ~(まだ米子か~東京遠いなぁ~)
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://hamburgers.blog136.fc2.com/tb.php/680-299efaa2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。