-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-08-04 22:00 | カテゴリ:2012 中国編
【ハンバーガー旅行】 中国編

第12話『つながり』
(広島県広島市)

2012年7月14日(土)夜

中国旅行 (583)

人生2回目の広島。
まともに市内を出歩くのはこれが初めてです。
道路の中央を路面電車が走るため、国道が大変広くて他の都市と比べて空が広く感じられます。
鉄板焼き屋が多いのがいかにも広島市っという感じでいたるところにお好み焼きが食べられるお店ばかりでした。


■旅のBGM
All My Life - Foo Fighters

ハンバーガーばかり食べる旅。(無論それだけではないけど)
人からは楽しそうと言われたり、もったいないと言われたり色々と反応されますが、意外とそんな目的をもって旅行してみると楽しいものです。
各地にはその地の美味しい郷土料理がたくさんあるのを承知で、あえてそれを「食べない」という無謀。
これが私の生き方なんで仕方ない。
その地でハンバーガーを焼く人がいる、それこそが自分にとってのご当地料理、その地の美味しい食べ物なんです。


■雨宿り
中国旅行 (581)

さて、原爆ドームを見た後に雨脚が強くなりはじめ、急遽コンビニでビニール傘を買ってしまいました。
次ぎ食べに行くハンバーガーまで、開店時間が30分あります。
ということで、ふらふら歩いているところで目に入った鉄板焼き屋に入って雨宿りすることに。

中国旅行 (580)

ご注文は?と聞く店員さんにビールを注文、ドリンクだけで詫びました。
これから市内のハンバーガーを食べまわるので、お好み焼きを食べるわけにはいかないんですと、力説。
他県から来たことを話をして明日宮島に渡る話をすると、オススメのカフェを教えてもらったり親切にしていただきました。
そのお店の名は「きずなや」。
次回広島に寄った時に必ずココでお好み焼きを食べることを誓って後にしました。

■広島のテッパン
中国旅行 (584)

さぁ、食べに向かったのは、ここ「RIDE KITCHEN」さん。
ココ!

中国旅行 (586)

入り口が狭くて、「麻雀倶楽部ゆず」が目立ちまくりですが、その下にあります。
外からはよく判らないお店ですが、、、

中国旅行 (591)

一歩店内に入ってみるとなんともロケンローなお店。
そして別にハンバーガー屋というわけでなく、鉄板料理屋でした。
まぁハンバーガーも鉄板で焼くけどさ。
なんか色々とごった煮な店内が面白くて、楽しいw

鉄板焼きなのに、ハンバーガーで、ハードコアな店内なのに曲はレゲエじゃけん。
広島弁が素敵な女性で、同い年と聞いて嬉しくなったりして。

中国旅行 (598)

でもって、こちらが頼んだハンバーガー。
下から、レタス、トマト、たまご、ベーコン、パティ、チーズ。
なんか積み重ね方が独特。

食べてみると、肉の感触が最後まで残る感じ。これは重ね順によるものか。
パティ自体は仰るとおり案外大きくはない、ただしその小ささを最大限に生かす工夫が積み重ね方にも現われています。
肉の焼き加減やエッグなど、なんとも鉄板屋焼きらしい雰囲気がただよっています。
色んなモノを同じテッパンで焼いているせいか、なんか独特な感じを受けたんですよねぇ。

中国旅行 (593)

ハンバーガーを始めるにあたって、色々と試行錯誤した形跡がわかるというか、いきついた姿と味がこのバーガーって感じがひしひしと伝わってきます。
なんて話をしたら、さすがやね、なんて感心されましたが、いかんいかん。
そんな能弁垂れずにもっと謙虚にハンバーガーの味を楽しまなければと思ってしまいました。

中国旅行 (597)

お店の方に、広島のハンバーガー事情を聞きましたが、多いようでそんなことはないみたい。
特に東京のような「グルメバーガー」的なトレンドはなく、どこも思い思いのハンバーガーを作っているようです。
そんな中で知らないお店を一軒教えてもらったので、後で言ってみることにします。

お客さんが島根ご出身の方がいて、おお出張で行ってきたばかりですよ!と盛り上がる。
今回仕事で食べられなかった「三瓶バーガー」などなど、島根ご当地トークに花が咲き、次回島根へ行く際には、世界遺産に登録された「石見銀山」を行くことを心に固く誓ったのでした。

やばい、このペースだと広島にまた来た時に寄る店が多すぎるw

■ステーキ屋のハンバーガー
中国旅行 (601)

その後、歩いて教えてもらったステーキ屋へ行きました。
お店は「DEEP DISH」さん。
店の外でステーキをもくもくと焼いています。

カウンターに座らせてもらって、スモークチーズビーフバーガーを注文。
この名前からして涎が出そうな響き!

中国旅行 (609)

出てくるまで、店内をキョロキョロと眺めていましたが、アメリカンな店内、テーブルが多くてとても広いです。
ステーキがメインのお店でカウンター越しに焼いた肉を切っていているのが見えますが、美味しいそう♪
料理人のお兄さんが厨房と玄関を出たり入ったりしているのが面白い、外の網焼きのステーキがお客さんを呼び寄せます。

中国旅行 (612)

出てきましたぜハンバーガー。
食べてみると、モサモサしたビーフらしい食感、オニオンが厚めで5mm以上はあるか、ケチャップは予め入っています。
これがアツアツ、モッツァレラチーズの濃厚さがビーフと相まってとてもヘヴィ。

中国旅行 (608)

もうね、ビールがすすみますわ。
バイクを置いて市内を回れるとお酒が飲めて本当に幸せ♪

中国旅行 (616)

今までの経験上、ステーキ屋のハンバーガーというのは肉ばかりにこだわりが強すぎて特にバンズに対する考え方が欠落しがちで、ハンバーガー全体のトータルバランスの悪いものばかりに思っていました。
今回、初めてステーキ屋さんでハンバーガーをちゃんとハンバーガーとして美味しく食べられたような気がします。

さて!いっきに2個も食べてお腹一杯だけど次の店行っちゃうよ!
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://hamburgers.blog136.fc2.com/tb.php/658-dd80a1d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。