-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-08-02 22:00 | カテゴリ:2012 中国編
【ハンバーガー旅行】 中国編

第10話『広島の佐世保』
(広島県呉市→広島県広島市)

2012年7月14日(土)午後

中国旅行 (515)

広島には佐世保バーガーと名乗るお店がいくつかあります。
広島なのに、何故長崎の佐世保を謳うのでしょうか。
その答えのひとつがココにあります。


■旅のBGM
Bon Jovi - Have A Nice Day

今日も1日元気にいこう!な曲に最適なBON JOVIのアゲアゲなロックソング。
旅行をしていると「体が資本」というのが痛いほど感じることがあって、元気がないと旅行自体が「苦行」へと変わってしまいます。
あぁ無茶な旅程を組まなければ良かったと。。。
元気は気持ちから、音楽というのは聞いているだけで心から力を引き出してくれます。
さぁ今日はハンバーガーを食べにいよいよ広島市内へ突入です!


■お休み
中国旅行 (513)
呉市にて「大和ミュージアム」と「海上自衛隊呉資料館」を見た後、朝ごはんを食べに行きます。
ホテルで朝パン食べたんじゃ?なんて突っ込みすら忘れるほど、1日の話が長くてすいません。
向かったのがこちらのお店です。
ハイ閉まっています!
「Cafe ROXY」さん。
ハンバーガーが食べられなかった悔しさは次回へと向けます。いつかリベンジしたいです、、

■広島の佐世保
中国旅行 (516)

呉市を出発して向かったのは広島市。
さすがに広島に近づくにつれて交通量も増えて、道路標識も賑やかになって行きます。
目的地はココです。
住宅が並ぶ、坂道の途中にあるお店「K's Burger」さん。
ちなみに「K's Burger」を名乗るお店は全国に他2店舗ありまして「愛知県豊橋市」と「福岡県福岡市」のお店です。
どちらも優しいおじさんがバーガーを焼いていまして元気にしてるかなぁ?
こちらのお店は女将さんが焼いています。

中国旅行 (518)

普通の住宅街にあるお店で、こちらはご自宅を改造したバーガースタンドです。
目の前の道路は住宅地を通り、狭く長く坂道なのですが結構な交通量で自動車が何度も行き交いしていました。

中国旅行 (531)

ブログを時々拝見していたのですが、なんともアットホームなお店で広島ツーリングでぜひ寄りたかったお店であります。
こちらのお店の売りは、佐世保バーガー。広島県なのに佐世保です。
「キッチンかたおか」さんも“佐世保”を謳っていますが、こちらのお店の由来が気になります。

中国旅行 (524)

さっそくカウンターで注文、旦那さんらしき人が出てきましたが、焼くのは女将さんのようで。
K's Burgerさんの看板にもなっている女将さんの登場です。
注文したのは、スタンダードな「佐世保バーガー」350円。
安い。
このバーガー袋かわいいですよね~。

中国旅行 (527)

袋を開けてみるととてもかわいらしいハンバーガー。
下からマスタード、パティ、オニオン、レタス、マヨ。
ひと噛みすると、甘くてピリ辛い、そしてまろやか。
バンズが甘めで、そのファーストインプレッションが甘く感じさせるのですが、マスタードが引き締めつつ、マヨネーズで全体を調和させる、そんな感じ。
濃いソースにレタスの新鮮さが活きています。

中国旅行 (528)

お話を聞いてみると、なんとバンズは佐世保のパン屋さんからわざわざ取り寄せているんですって!
そもそものお話は女将さんが佐世保出身で、よくバーガーを食べていたからこの地で佐世保バーガーをすることにしたんだそうです。
佐世保以外で佐世保バーガーを名乗るお店は多々ありますが、女将さんの郷土愛、望郷から始まっているんですね。
故郷を離れたところで、故郷の名を冠した食べ物を出すって、なんとも人情を感じますよね~。
実は私にも長崎の血が流れていまして、長崎の親類の人たちは男女関係なくみんな熱い人たちばかりで、長崎の方は郷土への愛着が人一倍強いのかも知れませんね。

中国旅行 (522)

女将さん曰く、うちのはまだ甘くないほう、なんだそうです。
佐世保の地では、もっとソースが甘辛く、店によって具材の種類や量も違っていて多種多様な佐世保バーガーがあるそうです。
自分の中で、佐世保はぜひ行きたい場所なので、より一層期待が膨らみました。
佐世保へ行ったら、K's Burgerさんにまた報告に来たいなと思います。

■広島の神

中国旅行 (535)

さて、広島市内の中心地へとバイクを走らせます。
バイクで広島に来ることが出来るなんて今まで想像もしたことすらなかったけど、広い車道を走りながら町並みを見るのはなんとも楽しい。
広島市内はなんとか雨が小康状態で、助かります。

中国旅行 (537)

着いた先がここ、オロチョンラーメン。
じゃなくって、

中国旅行 (541)

ゴッドバーガーさん。

そもそもはハンバーガーストリートさんのマガジンで読んだのが初めで、その後建物が改修されたのを色んな方のブログで拝見していたのですが、これは一見してバーガー屋さんだと判らないわ。

中国旅行 (540)

レギュラーメニューは豊富にありまして、なかなか面白いメニューがありましたよ。
それでは早速店内に参りましょう。

中国旅行 (543)

カウンターにてチーズバーガーのR(レギュラー)サイズを注文して席に座ります。
大き目のバンズは売切れてしまったようで、小ぶりなのがちょっと悔しい。
うーん、なかなか人気店のようでバンズがなくなるとはさすがです。
マライア・キャリーが流れる店内は狭くて3テーブルのみ。
来店したときに席が空いていて助かりました。

中国旅行 (544)

バーガー出来上がり後、席までバイトらしい若い女の子が運んできてくれます。
トレイにはフォーク&ナイフ。
バーガーはレギュラーサイズなためか、とてもこぶり。

中国旅行 (545)

んが、このバーガー肉汁が多め。
見た目以上に、噛み付いた時のじゅわっと感がハンパない。
モスバーガーのようなパサっとしたパティを想像していただけに、期待の裏切られ方はうれしい。

食べ進めるたび、具材が口に含まれる量によって味わいが変わるのがハンバーガーの面白さ。
このハンバーガーは、ケチャップが予め入っていますがありなしで味わいの印象が変わります。
パティの肉汁の驚きから、ケチャップの酸味が加わった時の旨さもまた素晴らしい。

中国旅行 (549)

このハンバーガー、どこかで食べたような思い出を思い起こさせるのですが、どこだろう?
ちょっと旅から帰ってきた後も思い出せなくて、しばらく悶々としていますw
ちょっとクセになるような美味しさで、広島に寄った際にはまた食べたいです。

中国旅行 (550)

ハンバーガーが旨くて、これはまさしく先人の力量、広島にゴッドバーガーあり、です。
ただ残念だったのは、改修する前の昭和の面影が残っていた店舗で食べたかったなぁ~と思います。
今のお店も十分キレイになって素敵なんですけど、若い女の子バイト2人が表だって接客していて昭和の古きよきバーガー屋さんらしさがなくなってしまって寂しいです。

中国旅行 (551)

でもそんな過去にしがみついていても維持・発展することも難しいわけで、新しい建物で改めて平成の香りをかもし出しながら続けていかれるのを楽しみとしたいですね。
というこで、広島中心の更なる中心へと向かいます。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://hamburgers.blog136.fc2.com/tb.php/656-0104705c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。