-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-28 22:00 | カテゴリ:2012 群馬編
【ハンバーガー旅行】 群馬編 第1話

群馬01 (15)

2012年6月23日(土)1日目
東京発→埼玉県羽生市


■BGM
PRINCESS PRINCESS - HIGHWAY STAR

高速道路で聞きたい音楽って皆さんありますよね?
最初、DEEP PURPLEにしようかと思ったのですが、そういえばプリプリでも同じタイトルあったな、なんて思い出してこちらにしました。
彼女達、再結成しましたね!!
解散ライブで「M」のMCに流した涙を返せって感じですねw
昨日、2枚組みのベストも発売になったみたいですので、プリプリを知らない世代の皆さん、聞いてみてね。



■第1話
今回の旅は群馬県。
場所については今更ですが、南北には新潟県と山梨県に挟まれ、東西には長野県と栃木県に挟まれた立地。
都市部を中心とした南側の「前橋エリア」と、自然や温泉に恵まれた「水上エリア」に大きく分かれます。
関東圏の中で栃木や茨城同様に、“北関東”に分類される、近くて遠い都道府県。

群馬県のイメージって?
山に囲まれている県で、前橋や高崎の都市部の活気は判るのですが、それ以外となると実は全然沸いてこない。。。
ということで行って来ましたよ、一泊二日の群馬旅行。
旅の目的は勿論バーガーと観光。

群馬01 (1)

本当は金曜日の夜に出発する予定だったのですが、バイクのヘッドランプが点かないというトラブルが発生。
夜の出発は断念して、やけ酒を飲んで不貞寝して翌朝を迎えました。
翌日バイクショップに持っていくと、ランプが切れていたとのことで交換してもらいました。

群馬01 (3)

所要時間わずか10分。仕事早い!
見事に蘇ったマイバイクにまたがり、いよいよ出発です。

群馬01 (5)

遅れた分を挽回しようと、首都高と北関東自動車道を使って爆走。
本当は最初に前橋を目指す予定だったんですが、旅は予定変更がつきもののようで、ルート変更です。

群馬01 (7)

ルート変更にはちゃんと訳もあったりして。
それがここ「羽生SA」下りエリア。ここにバーガー屋があるのです。

群馬01 (9)

SA・PAの飲食店ってなんかワクワクしますよね~w
ここにホラ!ちゃんどバーガー屋さんがあるよ!

群馬01 (11)

それがこちらの「Royal 佐世保バーガー」。
ROYALというのは、様々な業態でチェーン展開をしている日本の飲食店法人です。
前々回、東京から青森へ行った際に羽田空港で利用した「Royal Deli」なども、同じ企業です。
詳しくはホームページを見ていただきたいのですが、様々なジャンルの飲食を展開してるその企業力には驚きです。
それだけの資本力や商品開発力、そしてマーケティング力があるのでしょうね。
ひとつの業態で起こる様々なリスクを、多種多様な店を構えることでリスクヘッジしているんでしょうね。

群馬01 (13)

で、そんな中のバーガー部門です。
数あるメニューの中からチーズバーガーを注文。
ポケベルを渡されて鳴るのをひたすら待つ。

群馬01 (19)

5分ぐらいで鳴りました、おお結構早い。
いよいよご開帳です。

群馬01 (20)

デーン!大きいっ!
甘しょっぱいソース、そのソースと目玉焼きの組み合わせがお好み焼きっぽい。
こってりした味ですが、レタスが多くてフレッシュさで、意外にさっぱりと食べられました。
なんか割りとサラサラした食感に感じました。

群馬01 (21)


味については、羽田空港で食べたRoyal Deliさんの味と大同小異。
企業が作るハンバーガーだなぁといった味わいです。
子供から年配まで大多数に支持される味にまとめていると思います。

群馬01 (22)

そういう幅広い客層を意識した商品開発って、実は商売として非常に大事。
“売れる”嗅覚(味覚か?)をもったマーケッターがちゃんとリサーチしているんでしょうね。
一方で、個人店で出す「肉汁たっぷり」とか「巨大サイズ」とか、美味しさの代わりに実はターゲットを絞ってしまっているんですよね。
人を選ばないハンバーガー、実は企業力があるからこそ、と思います。

群馬01 (17)

フードコートの中心、SA玄関の正面という好立地。
ハイウェイとして手軽さがよいのかも判りませんが、他のお店と比べ利用客が多いのが印象的です。

群馬01 (10)

単にお昼を過ぎていた時間帯の問題かもしれませんけど、小腹が空いたら何か食べたくなるSAの魔力がこのバーガーにも効いているようです。

店員さんは、レジ1名、フォロー1名、調理2名の4名体制、狭いテナントで4人というのは1名余分にも思いますが、それだけ回転が速くそして調理に運営にと忙しいのでしょうね。

それにしても何故、羽生で佐世保??
そんなことを考えながら味わってみるのも面白いと思いませんか?
結構考えてみると深いような浅いような、楽しい考察できると思いますよw

群馬01 (16)
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://hamburgers.blog136.fc2.com/tb.php/601-c9b239d5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。