-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-12 22:00 | カテゴリ:2012 東京西部編
【ハンバーガー旅行】東京西部編 2012年4月7日(土)

第4話「日本の本格派バーガースタンド」

20120401@西東京旅行 (81)

結局のところ、日本のハンバーガーってアメリカへの憧れを具現化したものでしょ?
なんてバーガー愛好家がこんな乱暴なこと言ってどうかと思うけれど、作る人の望郷の想いが形になっているのを楽しむのが、バーガーの最高の味わい方だと思うんです。

私たち日本人は、まだハンバーガーの楽しみ方を知らない、もっともっと楽しむ術を見につけたい、そんなお話。
Journey - Send Her My Love



旅好きだからって訳じゃないですが、JOURNEYが大好きです。
いつかはライブを見てみたいものです。ジョー・ペリーと声質がまったく同じ台湾ボーカリストも各地の公演で大絶賛らしいと聞きますし、ぜひ来日公演には足を運んでみたいな~。
休日らしいバラードを聴きながら、東京旅行をお読みくださいませ。


■国立は、町の名前です。

20120401@西東京旅行 (80)

国立とかいて「くにたち」と読む。“こくりつ”ではありません。町の名前です。
国分寺と立川の中間なので、両方から一字ずつ使って国立という駅名になり、町の名になったそうです。
明日から使えるかもしれない、雑学でした。

20120401@西東京旅行 (83)

駅前はご覧のように桜が咲いておりました!
秋川や昭島までそんなに離れているわけでもないのに、場所が違うだけ桜は咲いたり咲かなかったり。

20120401@西東京旅行 (84)

そんな春到来の国立で寄ったのはこちらのお店。
カフェラフレスカ。

お店に入ってみたら、お客さんが誰もいませんでした。
マスターに「今日のハンバーガーはなくなってしまったの」と言われガッカリ。
昭和公園でのんびりしすぎてしまったか。
ハンバーガーはまたの機会にすることにして、国立から立川まで歩くことにしました。


■ハイスピードでテクテク歩くからハイテク

20120401@西東京旅行 (87)

国立から立川まで、歩いて約30分ほど。
時々書いていますが、歩くの好きです。好きな音楽を聞いて町並みを見ていると楽しくてしょうがないです。
考えてみれば、ウォークマンというものが出来て劇的に生活が変わりました。
そして今、スマートフォンというものが出来て、更に生活が変わりました。
スマホの地図アプリがなければ、立川まで歩くという選択肢はなかったと思います。
そもそもハンバーガー屋を探し回って食べ歩くという趣味すらここまで深くならなかったと思います。

情報やツールといったものが自分を変えて、世の中もどんどん変えていくんだなぁ~と歩きながら感じていました。

20120401@西東京旅行 (89)

途中、こちらのリサイクルショップさんで、こんな鉄人を見つけました。
おぉ横須賀のTSUNAMIさんを思い出しますね!なんのことか判らない方は2011 横須賀編をご覧下さい。
そういえば、横須賀もまた行きたい町なんだよな~。暖かくなったらバイクでツーリングに行くぞ~♪

そして結構な速さでテクテクと歩き続け、たどり着いた先はこちら。

20120401@西東京旅行 (91)

立川のご当地ハンバーガースタンド、THIS IS THE BURGER。
見てよ、このかっこよさ!
立川と国分寺で展開しているローカルバーガーショップさんですが、このローカルさは他のお店にはない土着性があって、非常に好みです、ご馳走です。

20120401@西東京旅行 (93)

店内にはいるとカウンターとハイチェアが8本?ほどに、ハイテーブル1台。
企業デザインと趣味デザインが共存する、なんとも微妙な店内メニューやポスターの数々。
カウンターでチーズバーガーを注文したのですが、サイズが3タイプほどあって一番小さい90gパテを単品で注文。

20120401@西東京旅行 (96)

待つこと数分、結構早く出てきました。
おぉ~小ぶりのとってもかわいいチーズバーガーです。
このずんぐりむっくりなバーガー、丸みの流線型フォルムがとってもいいね。
こういうバーガースタンドで、気張って大きなものとか全部乗せとかでなく、シンプルなものを食べると立川市民になったような気分になれますw

20120401@西東京旅行 (102)

味については、文句なく美味しいです。
シンプルなチーズバーガー、何か足したいな、と思うぐらいが丁度いい。
もしも次に寄ったら、何を足そうかな、サイズ大きくしようかな、そう思える“ゆとり”が実は次の来店に結びつくのかも?

20120401@西東京旅行 (90)

このお店、アメリカでこういうバーガーショップがあるんだろうな、あったんだろうなというイメージをこの立川で展開しています。
昨今のグルメバーガーの用にテーブルにお行儀よく座って、舌鼓を打って“お食事”するのではなく、カウンターで気さくに注文して、左手にバーガー、右手にドリンク、フランクなスタイルで楽しむ醍醐味があります。
その敷居の低さがバーガーの魅力なんだよおお!!こういうバーガースタイルを忘れちゃダメなんだよおおお!!!と食べていて無性に気持ち嬉しくなりました。

どうもね、個人的には最近“グルメバーガー”って、幻想というか誤解の産物のような気がしてならないのです。
結局のところ、どれだけバーガーに料理人の“想い”を乗せて食べられるか、だと思うんですよ。
それをとかく雑誌とかメディアは、高級食材だの、ビーフに拘っていますだの、特注バンズですとか、旨いとか不味いとかね、もうアホかと!!ファッ●ユーですよ!

20120401@西東京旅行 (98)

グルメというものを紹介するプロフェッショナルなら、見た目のもの以上に、その料理が出されるスタイル、楽しみ方、それをライターの個性を持って紹介して欲しいものです。
単なるプレスリリースやお店の受け売りを記事にするのはやめて、自分の感性と経験で素晴らしいお店を有名無名問わずに広めてほしいと思います。

THIS IS THE BURGER。
お店の雰囲気や味に期待以上の美味しさがありました♪
立川~国分寺のローカルファストバーガーショップとして、これからもこの魅力を発信してほしいなと思います。


次回、第5回「小作、ROCK THIS TOWN」
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://hamburgers.blog136.fc2.com/tb.php/537-769d7a2c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。