-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-06 22:00 | カテゴリ:2012 豊橋・静岡編
【ハンバーガー旅行】豊橋・静岡編 第3話

2012年3月25日(日)愛知「豊橋」→「静岡」→「藤沢」→「東京」

DSC_1461.jpg

ハンバーガーを食べに東海道を電車旅♪
間違っても動物園巡りが本題ではありません。

それでは東京までの帰路、寄ったお店や景色をお楽しみ下さい。
押尾コータロー - Brand New Wings


前回はバイオリンだったので、今回はアコースティックギターのメロディックなインスト曲。
日本のトップギタリスト、押尾コータロー。
日本人らしいメロディアスなメロディー、マイケル・ヘッジスを更に昇華させたスラップハーモニックスなどのテクニカル性、複雑なギタープレイに突き抜けるハーモニクスに開放弦の響き、彼のようにギターを弾けたら本当に楽しいだろうな~。
楽しいメロディに乗せて、東京までの道のりをお楽しみ下さい・・・

DSC_1467.jpg

高塚駅で途中下車をしまして、ここでもまたひたすら歩きます。
これから向かう場所は「佐鳴湖」周辺に広がる佐鳴台~大平台という地区の新興住宅地です。
どこか、こう、ビバリーヒルズ?(行ったことないけど)のような洒落た町並みをしたところです。

DSC_1483.jpg

街の景観や、家のデザインなど、色々とどこかの誰かが考えたようにきちん整備されています。
そんな大平台の街の一角にあるのがこちらの美容室「ゆめの丘」
県内に4店舗を展開している地元の美容室チェーンなのですが、こちらの店舗ではなんと隣のプレハブでハンバーガーを出しているんです。

DSC_1470.jpg

ということで早速来てみた次第。
美容室帰りと思われるご婦人に寸での差で先を越され、次の番を待つこと数分。
お店でハンバーガーを焼くのはブラジルからこちらに住まわれている方で、非常に楽しくお話をお伺いできました。

DSC_1474.jpg

が、肝心のなぜココで、なぜバーガーなのかは、詳しいことは言葉の壁もあり判らず。
オーナーさんはどうやら大阪の方のようで、めっちゃウマイデーって書いてあるw

DSC_1475.jpg

色々と種類があるので迷うところではあるのですが、基本のスタイルであるこの「ゆめのバーガー」を食べました。
ハンバーガーにはカレーソースが入っていまして、甘辛な割と普通なルー。
カレーが入っているからといって、極端に旨いかと聞かれるとなんだか微妙な気もしますが、まぁコレはコレでありだなとサクっと完食。
カレーはもう少しパティと相性良くスパイシーにしてほしい気もしますが、日本語で伝えるのがなんだか難しくて言えずにすいません。

DSC_1477.jpg

カレーを入れちゃうあたりが日本人が考えた日本らしいバーガーかもね。
日本の国民食のカレーと、アメリカの国民食のバーガー、それを焼く移住してきたブラジル2世。
なんか色々とすっごいな!と思うわけです。
このごった煮ぶりが関西出身のオーナーさんのノリを感じます。

DSC_1481.jpg

チリビーンズとか、ハラペーニョとか入れちゃうバーガーもあるのだから、そこにカレーがあっても良いと思います。
そう考えると、ハンバーガーって結構な包容力のある食事で、また料理人のアレンジ力も試されるものでもあるな~と感じました。

それにしても、バーガー以上にチャーミングなお店の女性の接客が楽しかったです。もうココの町が大好き!って満面の笑顔で仰っていまして、こちらまで何故か嬉しくなりました。
それだけ好きだ!って言えるのは羨ましくもありました。

DSC_1487.jpg

さて、同じ距離を歩いて駅まで帰ります。
遠いorz

DSC_1490.jpg

駅に着くと、強風のため駐輪場が悲惨な状況になっていました。
まるで台風の後のようです。

DSC_1491.jpg

高塚から一路、静岡駅まで。
約1時間半の電車ですが、長い~。
この浜松~静岡間は異常に長く感じます。
同じ景色が続くこともあって、時間がすぎるのが遅く感じるんですよね。

DSC_1492.jpg

で、たどり着いた静岡駅。
ちょっと夕方からの営業に時間が空いたので、新静岡駅のショッピングセンター「セノバ」へ。
静岡にこんなに人いたの?っていうぐらい込んでいました。

おおー写真撮ってなかった~

静岡という街は、結構びっくりするぐらい皆さんキレイでかわいくて、そしてオシャレなファッションです。
静岡県でも東側ということで東京の方を皆意識して流行を取り入れているように思います。
あくまでも個人的な感想ですが、東京への憧れが他の関東の都道府県以上に感じます。
東京の流行に敏感であるからこそ、新しいショッピングビルにも東京でおなじみのお店が数多く入っているように思いました。
静岡っ子って結構ミーハーかな~なんて思いましたね。

DSC_1494.jpg

その後、ハンバーガーを食べに来ましたのは静岡駅周辺で唯一の本格的アメリカンダイナーのBRONX CHEERさん。
地下1階にあって、中に入るとTOP40もののアメリカンソングが似合いそうな雰囲気。

DSC_1496.jpg

このお店の看板“アッカンベー”している子がかわいいヤンチャっ子でよいですね。
BRONX CHEERっていのは、後でお店の方に聞いたところ下を出して音を出す“野次”の意味なんだそうです。
アメリカのブロンクス地区がホームの野球チーム、ヤンキースのファンたちが対戦相手に良く使うことからこの語が生まれたそうです。

DSC_1498.jpg

カウンターに座ってチーズバーガーをオーダー。
本日最初のビール。おおこの絵かっこいい!やっぱりカウンターはこういう絵柄がいいですよね。

DSC_1500.jpg

出てきたチーズバーガー。
どうですか!このチーズの密着具合w
ハンバーガーの美学があるなら、こういうチーズバーガーかも!
あえてオープンタイプで出す意味と意義がこのチーズバーガーにはあります。

DSC_1505.jpg

すでに今年一番か?と思わされる最高のワンショット。
お店がかっこよくないと映えないですよね。

DSC_1501.jpg

バーガーはお店の顔負けしているかというととんでもない!
アメリカンバーガーを地でいく、まさにクラシックな美味しさ。
静岡に本格的なバーガーがココにあった!

DSC_1506.jpg


静岡はミーハーって先に書きましたが、こちらの店長さんとお話をしていたらハードロックカフェやフライデーズを目指して静岡にお店を開いたんだそうです。
最高です、文句なし!
バーガーの味も、お店のかっこよさも憧れがしっかりと感じさせてくれる至極の造りです。

DSC_1508.jpg

お店は広い作りでパーティも出来る広さ、連れとテーブル席もいいですが、やはりカウンターに座って飲みながらバーガーを頬張りたいですね。
またお邪魔したいと思うかなりかっこいいお店。
次は何を呑もうか、何を食べようか、そんな楽しみが静岡に出来ました♪

静岡にはまだまだハンバーガーを出すお店さんがあるのですが、時間的にあと1軒。
色々と"繋がり"のような縁がございまして、次にお邪魔したのはこちら。

DSC_1512.jpg

テキーラダイナーさん。
静岡ハンバーガーショップの新星です。
とは言ってももう2年目?

DSC_1514.jpg


カウンターに座らせていただき、ビール!休日バンザイ!
今回2回目の訪問なんですが特に変わりもなく、良い意味で静岡にしっかりと根を張ったダイナーといえます。

DSC_1519.jpg

さてバーガーは合挽きをつかったチーズバーガー。
ここ最近、気になる「合挽き」。やはり合挽きになると非常に食べやすい。
合挽きというのは非常に難しいもので、食べやすくなる代わりにインパクトがかけてしまうものですが、トータルバランスがよくなるように思います。
お店にはビーフ100%メニューもあるので、次回はそちらを試してみますか。

DSC_1522.jpg

新しい店員さんということもあって、色々とご縁についてお話もあったのですがまったく話が通じず、ちょっとしょんぼり。。。
と思っていたところに店長さんが戻ってきて、色々御礼を言えて後にすることが出来ましたw

そうだ、同じオーナーさんが開いているサースティテキーラというバーがあるのですが、そちらはもうほとんど営業していないそうです。
お店の設備もテキーラダイナーに持ってきていたりと、今は本業はダイナーの方にあるみたいです。
ちょっと気になっていたバーだけに、致し方なし。

DSC_1523.jpg

さて、静岡からさらに東京方面へと帰ります。
静岡のお店も結構な数を開拓しましたけど“静岡らしさ”というのをどのお店でも感じました。うまくはいえませんが、自分がトレンドの先を行っている、そんなことを自負しているお店が多いように思います。
ハンバーガーに限らず、ある意味、東京以上にトレンドを求めるそんな土地柄のような印象を強く持ちました。

DSC_1524.jpg

次に降り立ったのは沼津。
沼津にハンバーガー屋があるのか!?

DSC_1529.jpg

駅から離れると暗っ!!
車も少なく、まさに地方の町に来た感が伝わってきます。
この暗さに一抹の不安が、、、

DSC_1530.jpg

ほらね、駅から歩いてたどり着いたら閉まっていました。。。
だから事前に営業確認の電話を入れておけとあれほど反省したのに、自分は。
同じ過ちを繰り返してしまうものよ、人間だもの。

DSC_1527.jpg

歩いて沼津駅へ、そして東京へ向かう電車の中で考える。
これでもう東京へ帰っていいのか?
でも正直もうお腹いっぱい。
東海道線沿線で、駅から近くてハンバーガー的にも繋がりのあるお店はないかな。。。

DSC_1534.jpg

藤沢にあった!ということで途中下車!
青春18キップはJR乗り降り自由なんです!こうやってぶらり降りる瞬間、18キップの効力が発揮されますw

DSC_1535.jpg

藤沢も結構暗いw
さすがにもう夜の9時過ぎ、色んなお店も閉まっていましたが、これから行く店はむしろこれから?

DSC_1538.jpg

玄関を開けるといつものお二人が、いつものように立っていました。
こちらのお店、wolf moon the barさん。
バーガーを食べる余裕がないことをお断りして、お酒だけ頂きました。

比較的日曜日はお客さんが少ないって以前聞いたので、今日はまだ自分しかいなかったのでメタルBGMを流してもらい、ひとしきりメタル談義に華を咲かせて酔いも酔い、非常に気持ちよく終電で東京まで帰ることができました。

DSC_1537.jpg

ここのお店、オジーやヌーノやハートが好きなお二人でとっても居心地よい自分的に隠れ家的バーなのです。
きっとコレ読んでいると思うので、またそのうちお邪魔しますね~w
そして、この後は無事東京へたどり着きお家に変えることが出来ました^^

DSC_1257.jpg

さて最後に、青春18キップで旅した今回の豊橋・浜松旅行。
振り返ってみて、どれだけ移動費用が節約できたか計算してみました。

在来線費用9570円-青春18キップ2回分4600円=4970円
約半額で往復することが出来ました。

DSC_1290.jpg

さらに体重増加は0.7kg。
2日後には元の体重に戻っています。

自分が男性というのもありますが、筋肉をつけて基礎代謝をあげることによって消費しやすい体を作っておくと、太りにくい体質になることができます。
旅行中のウォーキングや、エスカレーターを使わないで階段を使うなどのこまめな運動や、旅行後の運動や軽めの食事にすることで、比較的平常時に戻しやすいです。

DSC_1468.jpg

しかし、こんな旅はまだ若さの残っているうちにしか出来ないことかなと、思うのです。
多分旅をすることは年をとっても辞められないと思うのですが、今より年を取ったら年をとったなりの旅をしたいなと思います。
胃も小さくなって、食べられなくなるでしょうし、消化も悪くなるしね。
今はこんな回り道だらけの旅がまだまだ楽しいので当分は続けそうですw


さぁ、青春18キップ、あと1回残っています。
次はどこへ行こうかな~^^
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://hamburgers.blog136.fc2.com/tb.php/532-9d46df2d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。