-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-04 22:00 | カテゴリ:2012 愛知・大阪編
【ハンバーガー旅行】愛知・大阪編 2章 2012年2月19日(日)

20120219.jpg

久屋大通の地下、名古屋はまだ眠りについていて静かです。
朝早く起きて準備体操をしてから2日目のハンバーガーツアーの始まりです♪
本日も美メロ満載なBGMを聞きながらお楽しみ下さい。すこしでも読んだ方が旅情を感じていただけると良いのですがー。

Daughtry - No Surprise


アメリカにはアメリカンアイドルという人気番組があるそうで、いわゆるボーカリスト発掘番組で予選を勝ち抜き見事優勝するとメジャーデビューできるという昔日本にもあったような企画番組。
このドートリーは、そのアメリカンアイドルで優勝こそしなかったものの歌の巧さが認められてデビューしたシンガーです。
この力強い歌を聴くと眠気もふっとび、食欲も沸いてきます!
いつも目覚ましの曲に使っていますw


20120219 (2)
向かったのは日本人なら一度は訪れたい聖地のひとつ「熱田神宮」
名古屋には何度も来たことがあるのですが、こういった場所を観光するのは初めてのような気がします。
冬ならではの朝のちょっと寒い中、すがすがしい日差しが気持ちよいです。

20120219 (5)
境内に入って手と口を清めました。その横にこんな立派な木がありました。
木というものは、不思議な存在ですよね。単に木以外の何物でもないのですが樹齢を重ねることで貫禄や存在感が増していきます。長生きするし、ずっと静かだし、気づいたらいつも側にある身近な自然かもしれませんね。

20120219 (10)
朝早いというのに、結構な人が参拝に訪れていました。
ここには三種の神器のひとつ、草薙の剣が奉られています。
お恥ずかしながら、日本誕生の拠り所となる日本神話に疎いのですが、神様の末裔をこの日本に降り立つとき(つまりは皇室?)に贈った神器で、ヤマトタケルがヤマタノヲロチを退治した時に出来た剣なんだそうです。
日本各地を巡っていると、こういった日本古来の神話や伝統に触れる機会があるのですが、自分の教養を高めると共に自分自身の再発見につながるようにも思っています。

今日一日の旅の安全と、素敵な出会いを祈願してきました。

20120219 (11)
朝の境内は、凛とした空気に包まれていて、身も心もどんどん浄化されていくような感覚を覚えます。
自分の中の邪心が草薙の剣で一刀両断されたのでしょうかw

20120219 (16)
今日は、旅の道連れとなる友と合流します。その待ち時間を休憩所でコーヒーを飲みながらまったり待ちます。
きしめんとか、団子とか、かなり心ひかれる食べ物がたくさん売っていたのですが、グっと我慢。
結局30分遅れで友と無事合流、二人で再度参拝していざ出発っ!

20120219 (19)
やってきたのはこちらのお店。この写真をよーく見るとハンバーガー屋さんがあります。

20120219 (22)
中川区にある「High Farm」さん。
旨い牛肉と地元野菜のお店。見た目がなんかステーキ屋さんみたい。

20120219 (30)
さっそくチーズバーガーを注文、出てきました。
おぉ!このレタスの跳ね返り具合と串刺しミニトマトがとってもキュート!
食べてみると確かな牛肉パティの旨みが味わい深く伝わってきます。
図らずもこの側面、すべての具材が同じ厚みをなしています。積み重ねも野菜を下にしているせいか、ずっしりとした牛肉を食べても、食後感は意外とあっさりさせています。
女性客も多い配慮か、このあっさり感は女性のバーガーを食べる罪悪感を軽減させてくれます。
美味しいパティと地元の野菜をどちらも相殺させずに互いに活かされています。

20120219 (27)
こちらのホットコーヒー、お変わり自由です。
若いご夫婦らしきお二人が働いていらっしゃいますが、昨年オープンしたばかりで日も浅いのに大変居心地のよい空間になっています。
お二人の人柄がこのハンバーガーにも店内の装飾にも表れていて気張らずにどんなシチュエーションでも気軽に利用できるお店に感じさせます。
デートにも、お茶にも、夜飲みにくるのにも、この店員のお二人がいらっしゃるから行きたくなる、そんなアットホームな誰もが和める雰囲気でした。

20120219 (38)
さ、次へ行ってみよう!
運転は友に任せて思いっきり車窓からの眺めを満喫。車ばっかりの東海地区はやっぱりドライブに最適。
うーん、それにしても本当にドライブ日和でしたよ♪

20120219 (40)
なんだコレ、道路に突然大きな鳥居が出現!
(通過中に検索したのに、失念してしまいました)
うーん、名古屋の道は面白いの~

20120219 (44)
たどり着いたのはコチラ「Big Ben Diner」さん。
赤い「HAMBURGER DINER」の看板がかっこいい~~!!

20120219 (45)
店内はまさに60'sダイナー!
オーナーさんの趣味が満載のカラフルで楽しい店内です。
もともとコチラのお店を知ったのは、京都のHOT CHOPさんでチラシを置いてあったのを見たのがきっかけだったかな?
もともとこの東海地区って60'sダイナーが結構あるのですが、他県を見てこれだけこだわりぬいた店が集中しているのは今のところ東海が際立っていますね。

20120219 (51)
出てきたチーズバーガー!どうよこのバーガー!
プレートにもっさり盛られていますが、食べてみると期待通りのワイルドさ。
結構粗野な作りなんですが、味はしっかりと味わえてアメリカで食べるような大味ではありません。
このドヤ顔のバーガーを見ても判るように、オーナーさんのアメリカに対する趣味や憧れが大変詰まっています。

20120219 (57)
なんとバンズは店内で焼くというこだわりぶり。ハンバーガーとバイク、最強の組み合わせ。
バイク乗りの作るバーガーに間違いなし。完璧です。
また新しいダイナーが生まれてくれて感激です♪


House Of Lords - Remember My Name

美メロ満載のアメリカンハードロックバンドのHOUSE OF LOADS。
このバンドあんまり知られていませんが、魅力的な曲をたくさんつくってくれています。再結成もしていて新作かいたいな!
ちなみにボーカルのジェイムズ・クリスチャンはX JAPANのPATAのソロでも歌っていてROAD OF LOVEという二本HR/HM屈指のメロディアスチューンを残しています。コレね。


20120219 (60)
さてさて本日とっても美味しいハンバーガーを続けざまに2個食べて、お腹も気持ちもいっぱい。
ということで次は散歩タイムです。
この何もないここは「愛・地球博公園」。本当に何もないよ!

20120219 (62)
だだ広いところでモスバーガーさんのケータリングカーが撤収作業していました。
モスの専用カーなんて初めて見た!とちょっとレアなもの見た感じでラッキー♪
まもなく日が落ちる時間帯なので、お客さんもいなくてなかなか冬の風が冷たく感じましたw

20120219 (64)
それにしても写真を見返しても何も撮っていない。つまりは心動かされるものがなにひとつなかったんです。
果たして愛・地球博とは何だったのか。
無理やり山を崩して更地にして道を作って整備しただけの広大な公園、当時のマスコミは熱狂的に報道をしたけれど、今ここに残っているのは夢や未来でも、地球のこれからのあるべき姿でもない。人の傲慢、利己、営利、そんなネガティブな残骸ばかり。自然と共存するどころか、結局は破壊をしてしまっただけのように思います。

今朝見た熱田神宮もこの公園も同じ日本人が作り出したものだというのに、なぜこんなにも空気が違うのだろうか。
夏に来たらまた感想は違うのでしょうが、夏は夏で日差しから逃れる木陰がなくて大変そうだなぁ。。。

20120219 (65)
さ、気分を入れ替えて次なるハンバーガーを食べに行きますよ!
ついたのはこちら長久手「SKILLET DINER」さん。
うーん、ウディな壁と緑の看板がとってもオシャレ。

20120219 (71)
ダイナーとは“食堂”と訳されます。一言に食堂と言っても色んな形態があって広大なアメリカにおいてはその地域や人種によって様々な食堂があると思います。
こちらのお店はまるで南部の片田舎の食堂のようなお店。
とってもシンプルな内装ですが、それもまた計算されたような演出に思います。

20120219 (70)
そう、演出なんです。
お店の内装、調度品、お皿や家具などいたるところにオーナーさんの好みとセンスのよさが光っています。その感性が温かい空気を生み出し居心地の良さを作っています。こちらのお店には田舎の食堂らしい素晴らしいホスピタリティを感じます。
普段、ハンバーガーを出すダイナーというと60'sや70's、またはウエスタンなダイナーを思い浮かべがちですが、こちらのお店もまた紛れもない本物のダイナー。

20120219 (72)
出てきたハンバーガーの素朴な華やかさが白いお皿の上で引き立っています。店内からハンバーガーに至るまでまったくもってシンプル。
作られた方の丁寧さと優しさが表れていますし、とってもオーナーさんのロマンが感じられるバーガーです。
似たような感覚をどこかで味わったなぁ、、、と思ったら千葉県のCASTLE ROCKさんを思い出しました。
まるで昔からお世話になっているような、近所の食堂感覚のお店。この長久手にも素晴らしいお店がありました。

20120219 (77)
この横顔の美人なこと!
こんなべっぴんさんと出会えるなんて遠路はるばるドライブしに来た甲斐がありました><
もうこれは、まさに“サザンベル”バーガーと呼びたくなる美しい佇まいですっ
食べた感想もまさに正統派なハンバーガー、華美な派手さや、飛びぬけたインパクトはないですが、作った方の温もりや愛情が感じられる本当に素敵なハンバーガー。
こんな出会いが待っているなんて、旅が止められませんっ♪

20120219 (81)
夜になるとまた別の顔が出ていました。
SKILLETというのはフライパンという英語なんだそうです。店名からして首尾一貫、まったくブレていません。完璧。
またいつか立ち寄りたいお店を見つけてしまいました。

20120219 (83)
さて、本日のバーガードライブも終盤!やって来たのは愛知といえば車!車といったらトヨタ!
そう豊田にある「AMERICANO」さんです。
うーん、この夜に浮かび上がるバーの顔かっこいいです!

20120219 (85)
今日はドライブということもあってコーヒーを注文。作業服を着た常連さんっぽい方々と並んでカウンターに座りました。
マグに店名が。こういうちょっとしたところのマーチャンダイズ、楽しくなりますよね。

20120219 (89)
今日4個目になるチーズバーガーが到着!
これが中々ごっつい。それでも不思議とパクパクとかぶりついて完食してしまうのだからハンバーガーというのは本当に恐ろしい魔力を持った食べ物ですw

20120219 (93)
カウンターに並んだバーガーたち。
ワイルドさが満載のまさに男の食べ物!っていうふてぶてしい顔してますな。
このハンバーガーを頬張りながら、ぜひともビールをガブガブと飲み今日一日の憂さ晴らしをしたいものです!
そんな今日一日の労いのご馳走バーガー。

20120219 (96)
かわいい店員さんとハンバーガー談義をしながら夜も更け、そしてお腹も膨れて名残惜しくも豊田を後にしました。

ハンバーガーというだけで、色んなお店があって、色んな味があって、そして色んな人がいます。
自分が味わっているのはハンバーガーじゃない、そんなこともうとっくに気づいていたんです。私は人それぞれの生き方や価値観や個性に触れるためにハンバーガーを通して「美味しい」と味わっていたんです。
ハンバーガーが旨いとか不味いとか、そんな舌の上だけの話は自分にはもうどうでもいい事で、作ってくれるお店やそこに集うお客さん、そして一緒に食べてくれる人と楽しみながら時間を共有することが一番の幸せなんです。

この豊田という馴染みのない町で、一軒のバーでカウンターに座り、まるで自分も工場作業員のようにハンバーガーとコーヒーを飲み店員さんと談笑しながら、強烈にこれが普段の生活の中で味わえる極上の幸せだということを感じました。

20120219 (98)
豊田から一路名古屋の久屋大通まで帰還。テレビ塔は変わらず明るくともっていました。

今日巡った4軒のお店とそして見て回ったモノゴトが自分の心の中に蓄えられて、眠りと共に定着していくようなそんな思いを胸に眠りました。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://hamburgers.blog136.fc2.com/tb.php/498-36849bb5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。