-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-06-08 22:00 | カテゴリ:2011 グアム編
ハンバーガーの旅【グアム編】2011年5月28日


20110528@グアム (4)

ホテルの朝食。ハンバーガーのために胃をあけておこうかと思ったのですが、さすがウェスティンホテル。朝食がバラエティ豊かでビュッフェスタイルで何でもそろっています。「なんでも」揃っているのに選んだのはご覧の通り。軽めにすませておきました。なぜなら、、、
20110528@グアム (10)

グアムの空を飛ぶからです!つまりはスカイダインビングDEATH!わーい。

そんな気分を盛り上げてくれるのはこの曲。というか考えないようにしていたんですけどw
Motley Crue - Kickstart My Heart


この曲「飛んでやるぜ」なイカしたロックにのって、ぜひお読みくださいませw
この曲でもスカイダイビングの映像が使われているんですけど、ひょっとしてスカイダイビングの憧れってこの曲の影響だったのかも?w青春の頃に聞いた音楽って人生を狂わしますねww

20110528@グアム (6)

ホテルの待合場所でスタッフの車で拉致られ、そして他のホテルの参加者を拾いながらグアムの奥地へと向かいます。

20110528@グアム (8)

国際空港の外れにある敷地のビルに連行。。。この何の建物かわからない素っ気なさが海外のデスクっぽいですよね。
スタッフは日本人の方で、懇切丁寧に優しく笑顔でいろいろと教えてもらいました。「大丈夫、怖いのは最初だけだから(ウフフ」という言葉を信じて、いざ契約。

20110528@グアム (12)

ビデオで服をきるところから、インストラクターの紹介、飛ぶときの注意事項、着地の方法など大変わかりやすく紹介されているのをみんなで見ました。おおなんか映像すごいけど、気持ちよさそう!この時点まで、まだ実感がなかったのでとってもワクワクしてました。

20110528@グアム (16)

で、契約書を書く時点で、ちょっと緊張してきましたwどんなことがあっても恨みません!という誓約書なんですが、その他、アルコールや薬物、持病ありません!私は健康体なダイバーです!という宣誓書にもなっています。
次から次へとページをめくってサインをしていきます。全部で8ページぐらいあったかな?さすがアメリカ。誓約・契約社会ってやつですね。

20110528@グアム (17)

じゃ、専用の服をきて行こうか!と言われて、みんなとりあえずトイレへw
ここでもらしたら末代までの恥だもんね!ということで、大きな施設の狭い通路をすすんでトイレへ。
で、ここの男子トイレなぜか小便器が1つしかない。トイレはそこそこ広いのになんで?
みんな順番にならんで済ませました。順番、大事ですよね。

DSC03938_convert_20110608204248.jpg

私が飛ぶ順番は、最後から2番目!結構微妙w
最初に飛ぶ人は怖いし、最後に残される人も怖いしwまぁ何番でも一緒だけどね。
で、これが我らの乗り込むセスナ。ちっちゃ!

DSC03940_convert_20110608205746.jpg

今一度、インストラクターさんに飛ぶときの格好を再確認。
「腕クロス!顔アゲル!飛ブ!手ヒラク!OVER!(以上!)」って説明5秒で終わり!早っ!みんな焦るw
え~これで乗り込んじゃうの~という勢いであっというまにセスナにのって滑走を始めて飛び立ちました!

DSC03946_convert_20110608205855.jpg

後ろにインストラクターさんが一人ずつくっついているのですが「ダイジョブ?」と聞かれて「ダイジョブダイジョブ!」と返すも、顔は引きつっていました^^;大丈夫じゃないなんていえないし!言っても飛び降りる以外方法ないし!どんどん高度をあげてセスナは急上昇!!
まだまだ半分と腕の高度計をみせてくれましたが、ええこんなに高いのにまだ半分??
今回、最高度の4200mから飛ぶんです、もう心臓ドキドキ!!

DSC03949_convert_20110608210111.jpg

そしてセスナが水平飛行になったとき、前の人たちからドンドン飛び降りていきます!えぇもお!?
信じられないぐらい、みんなポンポン落ちていくwww
落ちて幾たびに、セスナに風が「ぶぉん!」と入ってきて、どんどん緊張を高めてくれます(ひー
ついに目の前の人が落ちていきました!

DSC03950_convert_20110608213917.jpg

そして自分の番!ヤバイヤバイ、高い高い!!!
今この状態、セスナから半身乗り出して、足ついてない!手はどこもつかんでない!インストラクターさんとベルトで支えらているだけの状態!!うわぁ~~~~ヤバイよ!

DSC03954_convert_20110608214533.jpg

って言っているうち落下!んがーーーーーー
落ちる落ちる落ちるぅぅぅ~~~と半ばパニックになりそうな瞬間!

DSC03961_convert_20110608214549.jpg

「手ヒラク」のインストラクターの声で開いたら、もう最高な状態!ヒャッハーw
目隠しのバーガーがなくても顔がものすごくゆがんで「あんた誰状態!」wものすごい風圧で顔がハンパないほど変わって写っていますw
で、この“フリーフォール状態”が超キモチイイ!快感以外、何者でもない状態が続きます!

DSC03963_convert_20110608214717.jpg

眼下にはグアムの島全体が見えて、地平線も空の雲も360度見渡せます!
これはスゴイ経験です!>w<
4200mから約1分間、落ちるという感覚じゃなく下からの風圧で浮かんでいる感覚がずっと続きます。そして高度が2000mぐらいでパラシュートが開いて、5~6分まったり上空から降下。ふぅ~

R_DSC03997_convert_20110608211214.jpg

あんたは4200mから飛んだよの証明図。
人生で一度体験してみたかったスカイダイビング!1回でいいやと思っていたのですが、もう1回飛びたいかも!wそれだけものすごい、通常では味わえない爽快感でした!!!!
でも最初の3秒ほどの急降下は本当に死ぬかと思いましたよ^^;もうアドレナリン全開v

20110528@グアム (18)

最後は事務所によって、撮影してくれたビデオと写真のチェックして購入しました。何度見返しても結構顔が引きつっていて笑えます。こうやって見返すと脳裏に感覚がよみがえってくるのでDVDを買っておいてよかったです^^円高サマサマ。

という感じで、午前中は脳内でエンドルフィンが噴出して大ハッスル状態。
ホテルに戻って、脳に糖分補給です。あ~快感でした^^

20110528@グアム (20)

やっぱりアメリカにきたからにはハーシー食べとかないと!そこはやっぱり外せません。
日本にいたらmeijiやLOTTEを食べるのと一緒です!アメリカじゃハーシーって決まりなんです。ルールです。

おまたせ!いよいよ午後からはハンバーガー巡りです!

後半戦の曲はのんびりまったりなこの曲でもききながらどうぞ^^
Taylor Swift - Tim McGraw



■3軒目@Jamaican Grill

20110528@グアム (23)

そして2日目のバーガーは、ローカルにも人気のジャマイカ料理専門店。マリオネットホテルの目の前にあって2階にあるお店です。ここのお店"チャモロヴィレッジ"内にも出店していて、どうやら島内に2店舗あるみたい。

20110528@グアム (33)

店内はご覧のようにジャマイカっぽい?華やかな色使いであふれるレゲエが似合う雰囲気です。
ランチが終わった頃に入ったので、店内は人数が少なくて落ち着いていました。でも見るからにランチやディナーは賑やかそうな感じです。

20110528@グアム (40)

注文したのは「Jark Burger」($8.95)
いやいやまさかのダブルパティ!メニューにダブルって書いてあったか??
食べてみるとコレがものすっごく美味しい!この後も色々と食べ歩きましたが、おそらく個人的ベストはココのお店です。グアムでジャマイカンバーガー、いいジャマイカ、美味しければ。
パティが炭火焼なんです、その香りだけで食欲がそそられるし、かぶりついた時の炭火ならではの香りと肉汁のブレンド具合、そしてお肉の食感が最高に美味しいビーフパティになっています。牛さんもこれだけ美味しく料理されたら本望でしょう。

20110528@グアム (49)

2枚のパティにそれぞれチーズが挟まっていて、ビジュアルインパクトも最高。この無骨で乱暴なとろけたチーズはキライじゃない。むしろ、画に描いていたような「ハンバーガー」とは、こういうハンバーガーなのかもしれない。炭火で焼かれた肉汁とチェダーの相性はココにきて頂点を極めたかのような最高な組み合わせ。音楽に例えるならずっしりとしたドラム&ベースで響く重低音。それを清涼なビールで喉を潤す。ある種、完成された様式美。

ちと誉めすぎ?

ポテトは唐辛子的なピリ辛い味付けでこれまたビールが進みます。運ばれていく料理を見る限り、どれもボリュームがはんぱなく、チャモロっ子も大満足、ローカルで人気なわけだ。


■4軒目@Cafe Rock and Roll

20110528@グアム (59)

ジャマイカングリルで大満足なランチを食べた後、向かいのPICビルへ入りました。パシフィックアイランドセンターの略だったかな?ホテルになっていて、中に入ると中国人や韓国人ばっかりでした@@
そうそう、日本の震災以降、日本人旅行客が激減してしまいグアム観光産業は大打撃なんだそうです。それもそのはず、旅行客の8割は日本人なんだそうです。観光でなりたっている島だからこそ、グアムの人たちは日本人に親近感を持ってくれていたり、日本人相手の交流になれていますが、ココにきて韓国からの観光客も増えてきていて日本の打撃分をカバーしてくれると喜んでいるみたいです。

20110528@グアム (65)

話し戻して、そんなPICビルの中のカフェ。店名からハードロックカフェ的なものを想像していると裏切られますw店内はおしゃれなアメリカンカフェですが、ホテル客を相手にしているためメニューは英語のほかに日本語、中国語が書いてあります。店内はお客さんが少ない、というのは実はバカンスとしては正解かも。グアムにきてこの時間ホテルやカフェで過ごすにはもったいない気候ですもの。

20110528@グアム (71)

ということでさっそく注文。その名は「PIC Burger」($10.95)
これがジャマイカングリルの後なのもあって、結構残念な感じを受けてしまいました。
まずバンズは変哲もない業務用のバンズっぽいもので、ファストフードのソレです。いや、ファストフードのバンズは考えられた美味しさに整えられているのですが、ここのバンズは単に一般的な業務用バンズをまさにそのまま使っているだけで表面をトーストするとか、温めるとかアレンジがなにも施されていません。
ベーコンはカリカリすぎて、そのカリカリ具合の歯ごたえを楽しむだけで噛むほどに味わいが増えるという代物ではなかったです。パティは美味しいのだけれど、その他のものが台無しにしてしまっている感じがします。230gのビーフパティを売りにしていますが、全体的な単調さにケチャップとマスタードをかけたくなる衝動に駆られます。ここでかけるとさらに台無しどころか舞台壊しになるので、最終的に残しました。

20110528@グアム (81)

ただポテトが非常に個性的で美味しい。ただ量がおおいので冷めちゃうと魅力が半減してしまうのがもったいない。辛口に批評してしまいましたが、グアムにきて「大きなハンバーガーを食べた」という記念を残したいのであれば十分すぎるほど大きなバーガーなので記念にはオススメです。今回のグアム旅行で一番大きなバーガーサイズだったのは間違いありません。

■グアムの夜、バーガーを逃す

20110528@グアム (94)

この日の夜は、House Of Brutusへ。ライブバンドを聴きながらハンバーガーを食べようと向かったのですが、バンド演奏は10時からとのこと。肝心のバーガーはなんと厨房を閉めていて作れないとのことでした。残念。ここのバーガーが好きだって人がいたので、とても興味があったのに。。。

■5軒目@LONE STEAK HOUSE

20110528@グアム (118)

ライブはライブで見たかったので時間が空いたし、お腹も空いていたので一旦近くのお店に行きました。
それがここローンステーキハウス。名前の通りステーキ屋さん。自分のもっているデジカメの限界でキレイな外観が撮れなくてガッカリ。1眼レフ買いたくなります。

20110528@グアム (131)

もちろん食べるのはハンバーガー!まず先にバゲットが運ばれてきたのですがこれが甘くて美味しい♪
全部食べえてしまいそうだったのですが、後から出てくるきっと大きいだろうと安易に想像できるバーガーのために残しておきました。

20110528@グアム (137)

で運ばれてきたのがコチラ。Texas Burger($10.99)
安易に想像したとおり。非常にアウトバックステーキと同等のバーガー。
ミディアムで注文したパティは、肉がボロボロとした食感。ヒールが肉汁で総崩れ。バーガー袋的なものはもちろんないので、フォークとナイフで食べるしかない、というか元からそういう食べ方のスタイルのような気もしてくるほど手で食べるのがそぐわない。

このパティ、牛さんのどの部分をつかっているのだろうか?と素朴かつ重要な疑問をもつ。日本のアウトバックにも言えるのだけれど、ステーキ屋が出すパティはなぜこうも魅力が乏しいのだろうか?ステーキで食べる美味しさは抜群だと思うのに、パテになるとせっかくの牛が肉汁が落とされてしっとりパサパサな残念な感じになってしまう。
自分の中で、ステーキ屋さんはステーキ(肉)をそのまま味わうところで、バーガーを食べるところではない、という認識がまた強固になってしまいました。

■信じた道を歩み続ける

20110528@グアム (146)

House Of Brutusにもどり、今宵の生演奏を堪能しました。バンド名はService Entrance毎週土曜夜に定期的に演奏しているカバーバンドです。
カバーバンドとはいえ、演奏力は大変高く、その声は美声ともいえる素晴らしいロックボーカルでした。
曲名が判らないものばかりでしたが、ジョニーロケッツやらジャーニーやら往年のオールディーズやロックソングを歌っていました。

ジャーニーにクリソツなカバーを聞いてみてくださいw
Service Entrance - Don't Stop Believin'


その演奏をバーにいる人たちは思い思いに楽しんでいて、素敵な人たちだなぁって思いました。
前にすわったおばちゃん2人は、これ私の青春の曲!的なキャピキャピ具合ではしゃいでいたし、若いひとからオッサンオバサンまで集えるバーっていうのは、素直にすばらしいと感動していました。

すばらしい演奏においしいビール、現地の人たちの週末の過ごし方に触れて、気持ちいっぱいな気分になりました。帰りのタクシーでチップもはずんでしまいましたw
音楽って本当にすばらしいなぁ~

午前中のスカイダイビング、最高なハンバーガー(と微妙なバーガー)、そしてライブに、自分なりのグアムバカンスを大満喫した1日でした^^
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://hamburgers.blog136.fc2.com/tb.php/332-eeaf4aa0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。