-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-02 22:00 | カテゴリ:2011 京都編
先日、京都のハンバーガーを食べ歩いてきました。
食べたお店は↓コチラ。
・SMILE BURGER
・58 DINER
・GRAND BURGER
・SPEAK EASY

京都は、今たくさんのハンバーガー屋さんが出来ていてずっと興味があった県です。
京都というと伝統的な味を守りつつも、駅前開発から判るように新しいことに挑戦しようという姿勢がある土地柄です。
伝統ということに安住したり、頑なになってしまったりせず、それまでの文化伝統に新しいことを巧く取り入れようとしている、そんな風に京都のことを感じています。
全国的にみても、京都はハンバーガー屋さんがここ最近増えてきた印象があります。
実際今回訪れたお店も昨年オープンしたばかり、なんてお店もあります。
京都自体がさほど大きな町でもないので、案外食べ歩こうと思ったら結構回れちゃいます。
ハンバーガーをたくさん食べることもあって、ほとんど文字通り「歩いて」色んなところへ行きました。
なんだか中学生の頃の修学旅行を思い出しながら、各お店ご紹介します。


で、伝統的な京都に似つかわしくない新しい構造物。JR京都駅。
DSCF9289.jpg

新しい京都駅って、ちょっと無機質であまり好きじゃないのですが、駅前の京都タワーの相変わらずの昭和感にどこか安堵を覚えました(笑
ここからひたすら清水寺方面へ徒歩で歩きます。歩いて30分ぐらいはかかったかな?
見えてきたのは、新興バーガーショップのSMILE BURGERさん。

DSCF9291.jpg

もっちもちの美味しいバンズなんですが、お店の看板がカタカナなのがいい味出しています。
店内はアメリカンダイナーな感じでとてもオシャレ。京都とは似つかわしくないお店ではありますが、やはり清水寺が近いこともあってお客さんがたくさん見込めそう。
お店の方は和菓子を最近まで作っていたとのことで、そんな経験がこれからどんな風に現れるか楽しみです。

町を歩くと、いたるところに観光名所があるのが京都ですよね。
町自体が文化遺産みたいなもので。途中、坂本龍馬のお墓もあったり日本の歴史情緒を感じます。

DSCF9299.jpg

徒歩で歩いて30分もしないうちに、次は58 DINERさん。外観かっこいい!
DSCF9301.jpg

気さくな店員さんとおしゃべりをさせていただいて、京都に来て久々にクサイことをたくさん語ってしまいました。
ここ京都にもハンバーガーを真剣に考えている人がいるんだなぁ~と大変感動しました。
個性的なハンバーガーも美味しいのですが、コーヒーも美味しくて心まで温まりました。

DSCF9303.jpg

オリジナルマグがいい感じです。

さすがに2個連続食べてお腹いっぱい。次でその日のバーガーは最後になります。
他にもバーガー屋さんがたくさんある中で、締めに選んだのは出来たばかりの新店。
こんな閑静な住宅街を歩いていきます。何もない、、、暗い。京都の夜は暗い。

DSCF9306.jpg

住宅街の一角にあるコチラ、GRAND BURGERさん。
出来たばっかりなので、お店の調度品がどれもキラキラ綺麗でした。
これからバーガーを焼く鉄板のように味が染み込んでお店の赴きが深まるのが楽しみなお店です。

DSCF9308.jpg

元デニーズだそうで、お皿の運び方にそれが現れていて微笑ましかったです(笑
出てきたハンバーガーは大変美味しくて、最後のお店に選んで正解でした。
京都の住宅街にあらわれたまるでNYのバーのようなシックな感じがかっこよい◎
焼き方や接客に、いろんなことにムダがない、大変手馴れた運営に大変気持ちよかったです。
何度も足を運べないからこそ、次回までお店の成長が楽しみです。

すっかり満腹になって真っ暗な京都御所の横を通って今日の宿へ。
繁華街はとっても明るい◎こういうメリハリがあるのも京都ならではでしょうか。

DSCF9313.jpg

京都最後のお店はSPEAK EASYさん。
京都では老舗な部類にはいるハンバーガーを出すお店です。今日もたくさん歩きます。

DSCF9314.jpg

京都ってタクシーが便利なんですけど、お金かかるし。バスは路線がよく判らないし。
なので徒歩。昨日のカロリーを消費しながら朝の京都を横断します。

DSCF9315.jpg

食べ歩きしながら思うのですが、お店だけでなく、その周囲の環境もお店や料理にとっても影響されると思うんですよね。
だからこそ料理だけにとらわれずに、その地域の自然や町並み、人の顔つきなど、色んな情報を感じたいと思います。
京都は自然に囲まれ、文化を大事にし、変に肩に力をいれずに自然体でいられる町です。どこのお店も「おもてなし」な心に溢れているのは、京都ならではなのでしょうか。

DSCF9317.jpg

のどかな京都を味わいつつ、こちらのお店も住宅街の中にあります。

DSCF9320.jpg

写真は見えませんが、アメリカの星状旗がはためくアメリカンなお店です。
朝のコーヒーを飲みながら、常連客っぽい人が朝食を楽しんでいます。
この常連っぽい雰囲気たまんないですね~。地域に溶け込んでいて、日々のありきたりの日常になんともいえない和みさを感じます。

ハンバーガーってどちらかというと「ハレ」の食事だと思うのですが、ここのハンバーガー、お店は普段使い、地域に根ざしたお店になっています。
この変にかっこつけていない脱力感、ステキです。

4店とも絶妙にお店の個性がバラけていて、京都のバーガー屋さんは楽しいなと思います。
それでいて客に対する接客に心がこもっているし、新しいことに挑戦する態度も忘れていません。
日本のど真ん中に位置して、外国客も多い中で、京都発のバーガー郡がどれだけ定着するか、それはこれからです。
旅行客が多い町ですが、それだけではね。京都だからこそ町に溶け込んで長く続けて周囲から認められるぐらいフ
ァーストフードではないハンバーガーの価値や場所を開拓してほしいと思うのです。

それにしても4軒ともとっても居心地よかったです。心がほっこりしましたよ^^
秘密

トラックバックURL
→http://hamburgers.blog136.fc2.com/tb.php/220-f1665249
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。